コンテンツ

住まなくなった物件はどうする?

一般的には春先がおすすめ

一戸建てなどの持ち家があっても、転勤や収入の変化、住み替えや家族構成の変化などで住まなくなってしまうことがあります。このように住まなくなってしまった物件は、この先どうするのかを考えなくてはいけません。

一般的に「売る」「貸す」「そのまま」という3つの手段がありますが、それぞれどのような注意点があるかご存じですか?

売却する

不動産を売却すると、現金化できます。現金化できればローンを完済することもできますし、生活費に充てることもできるでしょう。ローンがなくなれば精神的にも楽になりますし、今後のメンテナンスや固定資産税などの維持費もかからず気楽になれます。

しかし、住宅ローンが多く残っていれば残債を清算できない場合もあります。売却を考える時は事前にしっかりと査定し、物件の売却価格を知りましょう。

貸し出す

自分で住まない物件は、賃貸物件として貸し出すこともできます。賃貸住宅として貸し出せば、家賃収入を得られるというメリットがあります。また、売却とは違い資産として残しておくことができます。将来的にその家で生活することも可能です。

しかし、賃貸物件にすれば必ず誰かが借りてくれるわけではありません。家賃収入がなくても、賃貸管理の手間や維持費用は発生します。貸し出す際は、資産活用に有利な物件かどうかを考えて判断することが大切です。

そのまま維持する

そのまま維持する

売却したり賃貸物件として貸し出してしまうと、いざという時に持ち家に戻ることができません。空き家として維持しておけば、いつでも戻ることができます。

しかし、人が生活していないので定期的な空気の入れ替えや清掃が必要ですし、防犯面でもリスクが高くなります。

不動産として資産を残したい方や老後の生活拠点としたい方は、維持という手段を選ぶのもよいでしょう。

釧路市にありますユタカコーポレーションでは、オーナー様に代わり賃貸管理や維持管理を行います。賃貸管理に関しては、賃貸情報を積極的にアピールし、安定した入居率を実現いたします。不動産の管理でお悩みの方は、まずはユタカコーポレーションにご相談ください。

釧路でマンションやアパートなど賃貸物件や不動産をお探しなら
株式会社ユタカコーポレーション 概要

会社名 株式会社ユタカコーポレーション
所在地 〒085-0051 北海道釧路市光陽町13番20号(第5ユタカビル)
電話番号 0154-23-2255
FAX 0154-32-3055
URL http://www.yutaka-c.co.jp/
業務内容 賃貸仲介/賃貸不動産管理/売買仲介/リフォーム業/マンスリーマンション/レンタル物置トランクルーム