賃貸にお住まいの方へ!賃貸でよくあるトラブルと対策について解説します!

賃貸物件に住んでいると、設備の劣化や入居者の騒音、ゴミ出しなどを原因とするさまざまなトラブルが起こりえます。これらのトラブルは、入居者一人ひとりが意識することで避けられることがほとんどです。ここでは、賃貸物件の生活でよくあるトラブルやトラブルを防止するための対策について解説します。

□賃貸での生活でよくあるトラブル
ここでは、賃貸での生活で起きやすいトラブルについて解説します。

*設備の故障トラブル
賃貸物件には、エアコン、給湯器、ガスコンロ、照明などの備え付けの室内設備があります。築年数が古い物件では、これらの設備の劣化や破損による故障などが考えられます。これらの故障の修繕費用の負担は、貸主・借主どちらが責任を負うのかなどがトラブルの原因となりえます。
借主は善管注意義務を負っています。善管注意義務とは、通常期待される程度の注意義務を指します。賃貸借契約書に記載されていることが多いです。つまり、すべての備え付けの設備は大切に使用することが前提となっており、借主の故意もしくは過失があれば借主の責任になる可能性が高いです。

*水回りのトラブル
蛇口のパッキンが劣化したことによる水漏れやトイレタンクの水が止まらないなど、水回りのトラブルがよく起こります。早期に対処しないと被害が拡大するおそれがあるので、すぐに大家さんや管理会社に連絡する必要があります。
設備の故障と同じく、水回りのトラブルの修理費は借主の故意または過失があれば自己負担になる可能性が高くなるので注意が必要です。一方、経年劣化が原因であれば貸主が負担するケースもあるので、劣化の度合いなどをスマートフォンなどであらかじめ撮影しておくとよいでしょう。

*近隣トラブル
集合住宅では、コロナ禍で入居者同士のトラブルの相談が多く寄せられるようになりました。中でも生活音に関する騒音トラブルが増えています。これは、在宅勤務やお子様の休校などにより、普段は日中家にいない入居者が家にいる時間が増えたことに起因しています。
その他のトラブルとして、ゴミ捨ての時間を守らない、未分別などの問題、ペットに関するトラブルがあります。

□トラブルを防止するための対策とは
まず、入居者が賃貸借契約書にどのようなルールが書かれているのか、禁止事項はどれが含まれていのか細かく確認しましょう。例えば、修繕費用はどちらが負担するのか、禁止事項(迷惑行為や無断他室侵入等)、原状回復などがあります。また、自治体のゴミ出しに関するルールや掲示板の張り紙にある注意事項なども日頃から確認しておきましょう。
さらに、不動産会社選びも大切です。トラブルを未然に防ぐには、賃貸物件を探している段階で信頼できる不動産会社を選ぶことが大切です。賃貸業と管理業を両方行っているケースもあるので、担当する営業スタッフの対応などをよく観察しておきましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸の生活でよくあるトラブルやトラブルの防止対策について解説しました。まずは、物件探しの段階から信頼できる不動産業者を選び、入居した後もできるだけ早く大家さんや管理会社に連絡することで、トラブルを最小限に抑えることができるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の管理会社を変更した理由とは?手順についてもご紹介します!

賃貸経営を行っていると、さまざまなトラブルが発生することがあります。管理会社と日頃からコミュニケーションが取れていれば解決することもありますが、管理会社の方針が合わなかったり、担当者とうまくいかないケースもあります。そこで今回は、管理会社の変更に関する理由や手順を解説します。

□管理会社を変更した主な理由

*担当者の対応に不満がある
入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)などの対応が遅い、担当者の連絡漏れなど、コミュニケーションがうまく取れていないケースです。関係の悪化で信頼関係が破綻するおそれもあり、管理会社を変更せざるを得ない状況にもなってしまいます。

*管理が行き届いていない
共用部分のエントランスや駐輪場などの清掃ができていない、入居者から修繕の連絡がきても放置している、修繕工事等の見積もりを1社だけで決めているなどです。管理が不十分であれば、オーナーだけでなく入居者からの信頼も失います。

*空室がなかなか埋まらない
数ヶ月以上も空室が続いてる状態で、管理会社の担当者ともうまくいっていない場合です。リフォームやリノベーションなど具体的な提案もなく、改善が期待できないときは、管理会社の変更を検討した方が良いでしょう。

*管理委託費が高い
担当者の対応が不十分であったり空室が改善されていないにも関わらず、委託費が相場より割高になっている場合は、管理会社の変更を検討すると良いでしょう。

□管理会社の変更を行う手順とは?
管理会社を変更する場合、どのような手順で行われているのでしょうか?それぞれ解説します。

・現在の管理会社との管理委託契約書を確認する
管理会社の中途解約については「○か月前に相手方に通知しなければならない。」と記載している場合がほとんどです。すぐに管理会社の変更ができないケースがあるので、管理委託契約書を確認しましょう。

・管理会社の選定
管理会社の変更を検討している段階で、どのような業者に変更するのか目的を明らかにしましょう。その中から、複数の管理会社を比較し見積りを依頼します。

・現地調査
新しい管理会社がオーナーの物件を調査したり、調査内容が書かれた提案書などを提出します。

・新しい管理会社と管理委託契約を締結
管理会社との解約通知後、新しい管理会社と管理委託契約を締結します。後でトラブルにならないよう契約内容を細かく確認します。
このときに、新旧の管理会社で賃貸契約書類や鍵の引き渡しなど引き継ぎが行われます。

□まとめ
ここでは、管理会社を変更する理由や管理会社の変更を行う手順について解説しました。オーナーと担当者の関係が悪化したり、信頼を失う問題があれば、複数の管理会社を比較しながら、物件に適した会社に変更するのも1つの方法です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸に在住の方へ!トイレが故障した場合の対処法と修理負担について紹介します

賃貸物件で突然トイレが故障した経験はないでしょうか?水漏れが発生し、どのように対処していいのかわからず困ってしまうことがあります。場合によっては、下の階に迷惑をかけてしまうこともあります。ここでは、賃貸でトイレが故障した場合にやるべきことや修理費用が自己負担になるケースなどを解説します。

□賃貸でトイレが故障した場合にやるべきこと

*賃貸借契約書を確認する

設備の故障について、どのような費用負担になっているかを契約書で確認します。トイレの故障については、借主の故意・過失がなければ、一般的に貸主が修理費用を負担することが多いです。まずは、賃貸借契約書の記載内容を確認しましょう。

*大家さんや管理会社に連絡する

次に大家さんや管理会社に連絡しましょう。このときに、いつどのような状況で故障に至ったのか、具体的な内容を伝えることが大切です。そのあとは、連絡を受けた大家さんや管理会社が業者の手配を行います。軽微な故障であれば、すぐに修理を行っていただけるケースがほとんどです。
ここで大切なのは、自らの判断で勝手に修理しないことです。緊急を要する場合や深夜にトイレが故障したときなどは、24時間対応を行っている業者の利用を検討しましょう。

□修理費用が自己負担になるケース

トイレの故障は、入居者の使用方法によっては自己負担となるケースがあります。それぞれ解説します。

*トイレの使用方法について

トイレットペーパー以外の固形物を流してしまった、トイレットペーパーを一度に大量使用したなど、借主の過失によって発生した水漏れは自己負担になる可能性が高いです。その他、誤って便座に物を落として割れてしまった場合も借主の不注意となり、修理費用は自己負担となる可能性があります。借主の通常使用する範囲内でトイレの故障が発生すれば、貸主の負担になりますが、それ以外の原因であれば借主が負担することになります。

*大家さんや管理会社を通さずに修理を依頼する

大家さんや管理会社を通さずにトイレの修理を勝手に依頼した場合は、自己負担になるケースがあります。国土交通省のホームページには「賃貸住宅標準契約書」が掲載されています。こちらも確認の上、費用負担に関する気になる点があれば、管理会社等へ問い合わせしてみましょう。

□まとめ

ここでは、賃貸物件でトイレが故障した場合にやるべきことや修理費用が自己負担になるケースなどを紹介しました。まずは賃貸借契約書を確認し、設備の故障の取り決めを確認しましょう。速やかに大家さんや管理会社に連絡することをおすすめします。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営でペット可の物件にするメリットとは?詳しくご紹介します!

近年のペットブームにより、ペットと一緒に暮らしたいと思う方が増えています。賃貸経営においても「ペット可」物件を取り入れたいというオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、ペット可の物件にするメリットやペット可の物件として成功させるためのコツなどを解説します。

□ペット可の物件にするメリット
アパートやマンションの現状は、供給過多になっていると言われています。競合物件との差別化には、ペット可物件にするメリットは多数あると考えられます。

・入居率が高くなる
ペット可物件にすると、入居率が高くなる可能性があります。ペットを飼いたいというニーズが増えているので、積極的に取り入れると空室の改善にもつながります。

・家賃を高く設定することができる
ペット可物件であれば、相場より家賃を高く設定できる場合もあります。ペット可物件を探してる人にとっては、他の物件で断られていたなどの理由により、多少高くても入居する可能性があるためです。

・長く住んでもらえる
ペット可物件の入居者は、次の物件がすぐに見つかるとは限らないので長く住んでもらえる可能性があり、安定的な家賃収入が期待できます。

・オーナー優位に交渉が可能
ペット可物件ではペットの影響で壁や床が傷つきやすくなります。したがって、入居者が家賃の減額請求を希望しても、リスクを説明することにより減額不可を納得してもらいやすいです。

□ペット可の物件として成功させるためのコツ

*初期費用を高く設定する
家賃や敷金などの初期費用を高めにしておくことで、退去時の原状回復費用に充てることができます。ペット可物件では、敷金を1ヶ月プラスして設定している物件もみられます。

*賃貸借契約時に十分な説明を行う
賃貸借契約の際にペットの鳴き声や悪臭、部屋の損傷など、トラブルの原因になる項目を十分に説明した上で、これらに同意した入居者のみと契約するようにしましょう。
また、退去時の原状回復費用も通常より高くなる可能性があることも説明しておくとよいです。

*ペット可物件として細かくルール化しておく
ペットの大きさや頭数、種類などをあらかじめ詳細を決めておくことが重要です。例えば、大型犬は禁止、犬猫は◯頭まで可能など。また、共有スペースで排泄してしまうと悪臭や汚れの問題も発生するのでこちらのルールも決めておきましょう。

□まとめ
ここでは、ペット可の物件にするメリットやペット可の物件として成功させるためのコツなどを解説しました。ペット可物件では家賃を高めに設定できたり、入居期間が長くなるといったメリットがありますが、トラブルを避けてるため細かなルールを決めておくことも大切です。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸に在住の方に向けて!ベランダに目隠しをしてプライバシーを確保しませんか?

賃貸物件で「ベランダ付きのお部屋を借りたい。」「家庭菜園をしたい。」などと、ベランダを自由に使いたいと思ったことはありませんか?しかし、ベランダの使用方法にはいくつかの注意点があります。特に共同住宅ではある程度のマナーも必要です。ここでは、ベランダの利用方法や注意点、ベランダで使える目隠しグッズを紹介します。

□ベランダは専有部分ではなく共用部分?

アパートやマンションなどのベランダは「共用部分」とされています。共用部分とは、専有部分以外の建物部分や建物の附属物のことを言います。例:エントランス、ベランダ、バルコニー、廊下、階段、ゴミ置き場など
共用部分は、入居者が室内で自由に使用することができず、一定の制約を受けます。なぜなら、火災などの自然災害が起きた場合に消防法の規定で、避難経路として利用することが定められているためです。
ただし、何も置いてはいけないというわけではなく、避難の妨げにならない常識の範囲であれば物を置くことは可能です。一部では、景観が崩れる等の理由から物を置くことが禁止されている場合もあります。

□ベランダの利用方法や注意点

集合住宅のベランダでは、使用する際の注意があります。それぞれ解説します。

*引火または発火するものの持ち込みNG

防災上の観点から花火など、火の扱いは禁止されている場合がほとんどです。火の取り扱いだけでなく、煙も発生するため臭いや音も発生するので近所迷惑となります。

*喫煙のマナー

ベランダでタバコを吸うことでトラブルになるケースが増えています。洗濯物にタバコの臭いが付いたり、灰が階下に落ちて洗濯物が焦げたりする場合があるためです。
健康増進法では集合住宅の喫煙は対象となっていないため、マナーの問題となります。

□ベランダで使える目隠しグッズ

賃貸でも設置がしやすいベランダの目隠しアイテムがあります。
まず、サンシェードはベランダ全体を目隠しできるアイテムです。上から吊るして使用するタイプで日差しを和らげたり、雨よけなどにも活躍します。
また、仕切りとして使うパーテーションも、目隠しにも利用できます。置くだけで簡単に使用できるタイプです。
すだれは、和風以外にも洋風すだれもあるデザイン性の高いアイテムです。通気性もよく、日差しを遮ることで室温の上昇を抑えてくれます。だたし、夜には部屋の中が見えやすくなるので注意しましょう。

□まとめ

ここでは、ベランダの利用方法や注意点、使える目隠しグッズを紹介しました。集合住宅のベランダでは、お互いのマナーが重要となります。プライバシーの観点からベランダの目隠し設置も便利ですので、取り入れてみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸の空室を埋めるための対策について詳しくご紹介します!

賃貸経営を行っているオーナーにとっては、空室対策は必須となります。しかし「対策を行っているがなかなか改善されない。」などと悩むオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?ここでは、空室がでてしまう主な要因や賃貸で有効な空室対策などを紹介します。

□空室がでてしまう主な要因
空室が埋まらない原因はどこにあるのでしょうか?それぞれ解説します。

1つ目に、立地が悪いが挙げられます。駅から離れている、坂道が多い、踏切が近くにあるなど、立地条件が悪いところであれば空室が続く可能性があります。物件探しでは、立地で決まることが多いです。

2つ目に、相場より家賃が高いことです。近隣の競合物件より家賃が高く設定していれば、空室が続く原因になります。家賃は、社会情勢や経済動向、物件の劣化など、さまざまな状況で常に変動することを意識しておきましょう。

3つ目は、物件情報の掲載があいまいであることです。物件情報の掲載内容があいまいだったり、こまめに更新しないようなケースです。同じ内容で放置していても空室対策にはなりません。

4つ目は、設備が古い・共有スペースが汚れていることが挙げられます。内見時に建物の各設備が古い、共有スペース(郵便ポスト、駐輪場、ゴミ置き場、エントランスなど)が汚れているケースです。日頃から定期清掃で清潔にしておく必要があります。

5つ目は、管理が行き届いていない原因です。管理会社に管理業務を委託していても連絡漏れや修繕・定期清掃を怠る、クレーム(トラブル・ご要望含む)の対応が遅いなど、管理が不十分な場合です。

最後に、入居者トラブルが多い物件は空室が出てしまいます。騒音トラブルやペット、ゴミ出しのマナーなど、入居者同士のトラブルが改善されないまま、次々に退去していくケースです。ゴミが散乱していたり、落書き、タバコのポイ捨てなどから、入居者のマナーが悪い可能性もあります。

□賃貸で有効な空室対策

*空室対策には管理会社の切替も有効
空室が改善されない場合は、管理会社を変更するのもひとつの方法です。管理委託契約は、一般的に3ヶ月前に解約を申し入れることになっています。一方、サブリース契約では、6ヶ月前に解約予告を行う必要があります。

*初期費用を見直す
最近では、敷金、礼金ゼロゼロ物件や敷金、礼金、仲介手数料トリプルゼロ物件などもあります。少しでも長く住んでいただけるように、初期費用の見直しを検討することは有効と考えられます。

*家具・家電付き物件にする
一人暮らしなど、あまり費用をかけたくない人向けには、家具家電付き物件も有効な空室対策です。これにより、引っ越しから賃貸物件の初期費用を大幅に抑えることができるでしょう。

□まとめ
ここでは、空室がでてしまう主な要因や賃貸で有効な空室対策を解説しました。上記のように改善する方法がたくさんあるので、空室が出た場合はできるところから初めてみましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!水漏れトラブルの原因や対処法について解説します!

賃貸物件に住んでいるとある日突然、水漏れが発生した経験はないでしょうか?原因はさまざまですが、放置すると悪化する可能性もあります。場合よっては他の住人に迷惑がかかることもあります。ここでは、水漏れのよくある原因と対処法や水漏れにかかる修理費用の相場などについて解説します。

□水漏れのよくある原因と対処法

賃貸物件の水漏れは、大きく住人のうっかりミスか設備の経年劣化に分けられます。

*住人のミスによる水漏れ

・水の出しっぱなし
住人のうっかりミスによるシャワーやキッチンの蛇口の閉め忘れが原因で、そのまま外出してしまうケースです。

・洗濯機のホース外れ
洗濯機の排水ホースがきっちり装着されていなかったことが原因となり、水漏れを起こすケースです。

・排水管が詰まるケース
トイレットペーパーの詰まりやそれ以外の固形物が詰まり、汚水があふれるケースがあります。

*経年劣化による水漏れ

・給水管の劣化
キッチンや洗面台、浴室などの給水管に亀裂が入ったり、ズレが生じることで起こる水漏れです。給水管の経年劣化が原因となっています。

・排水管の劣化
排水管の汚れや詰まり、接合部のゆるみ、腐食が進んでいることで水漏れが起きます。給湯管も同様のケースで水漏れが発生することがあります。
水漏れが発生したら、早めに大家さんや管理会社が連絡しましょう。自分の判断で部品を交換したり、自己流で修理をしても改善されない場合があります。深夜の水漏れトラブルなどで大家さんや管理会社と連絡が取れない緊急を要する場合は、水道業者に連絡しましょう。

□水漏れ・修理費用の相場

*自分の部屋のみ

蛇口のパッキン交換などの相場は、1〜3万円程度です。水栓が古い場合は、蛇口本体の交換をすることもあります。蛇口の耐久年数は10年程度と言われています。
フローリングや壁の水浸しにより、張替えが必要となった場合は数万円〜数10万円程度かかります。

*他の住人に被害が及ぶケース

天井や壁からの漏水で張替え工事が必要となった場合は、5万円〜数10万円程度かかります。大規模な改修工事になると数100万円に上るケースもあります。
加えて、家財なども賠償責任があり、費用が上乗せされる可能性が十分あります。

□まとめ

ここでは、水漏れのよくある原因と対処法や水漏れにかかる修理費用の相場などについて解説しました。水漏れトラブルは、放置すると被害が広がる可能性があります。早めに管理会社へ連絡するようにしましょう。他の住人に被害を及んでしまったら、賠償責任が生じるので、日頃から水漏れの確認を心がけましょう。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸経営ではターゲットを考えることが重要?その理由を解説します!

不動産経営を行うには、その地域、年齢層、ニーズに合った入居者のターゲットを考えることが重要になります。したがって、ただ単に家賃を下げるのみでは空室対策につながりません。なぜターゲットを決めることが大切なのでしょうか?ここでは、その重要性や間取り別のターゲット例を紹介します。

□ターゲットを考えることの重要性
ここでは、賃貸経営に必要なターゲットを明確にする理由をそれぞれ解説します。

*物件を決めやすくなる
ターゲットを絞ることで、物件を探してる側は目的が決まっている場合に見つけやすくなるためです。例えば、単身赴任などで一人暮らしをする男性、女子大学生が借りるワンルーム、子育て中心のファミリー層、ペット共生など、ターゲットを明確にすることが大切です。

*空室対策になる
ターゲットを明確にすることは、空室対策にもつながります。周辺を徹底的にリサーチし、ニーズに合った形でお部屋を提供することが重要になります。

*ある程度の需要が見込めるターゲットを絞る
ターゲット層をマニアックなものに絞りすぎると、逆に需要がない可能性もあります。なぜなら、現在のコロナ禍で外国人向け賃貸物件を経営したとしてもうまくいくはずがないからです。世の中の経済情勢や変化などを常に把握しながら、どのような物件に需要があるのかをしっかり考えることが大切です。

□間取り別のターゲット例
賃貸経営では、どのような間取りであるかによって需要も変わってきます。ここでは、間取り別のターゲット例について解説します。

*単身世帯向け
単身世帯向けでは、1R(ワンルーム)、1K(ワンケー)、1DK(ワンディーケー)があります。
部屋がひとつだけだと1R(ワンルーム)です。キッチンと居室の間に仕切りないタイプの部屋です。バスとトイレが別になっている物件が人気です。
続いて、キッチンと居室の間に扉があり、仕切られている部屋が1K(ワンケー)です。匂いが部屋に充満しないので、一人暮らしの中でも人気の間取りです。
最後は、キッチンと居室が仕切られていて、ダイニングキッチンを設けている間取りが1DK(ワンディーケー)となります。一人暮らしでは、十分広く使えるため人気です。

*子育て世帯の間取り
子育て世帯なら2LDK・3LDKが適しています。どちらも子ども部屋として使える1室を確保することができるでしょう。

□まとめ
ここでは、ターゲットを決める重要性や間取り別のターゲット例を紹介しました。賃貸経営では、さまざまなニーズに合った物件を提供することで、空室対策や適切な物件の選定につながるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方へ!タバコに関するトラブルと対策について解説します!

賃貸物件でタバコに関するトラブルが増えています。商業施設や会社などで禁煙が当たり前のようになり、タバコを吸う場所がどんどんなくなってきています。それに伴いアパートやマンションでは、タバコに関するクレームが目立ちます。ここでは、タバコのトラブルや対策などについて解説します。

□賃貸物件におけるタバコトラブルの事例

*ポイ捨ての迷惑行為

上階からタバコの吸い殻がベランダに落ちてきたり、共用部分の駐輪場に大量の吸い殻がポイ捨てされたりするケースです。これらは、火災にも繋がりかねない危険な迷惑行為でもあります。
さらに、自転車のかごにタバコの箱や吸い殻を入れたり、郵便ポストの上にポイ捨てを行うなどの悪質な行為もあります。
頻繁に捨てられている場合は、すぐに管理会社に報告しましょう。

*汚れについての被害

洗濯物にタバコの灰が付着してしまった、上階からタバコの灰を落とすことで駐車場の車が汚れてしまった場合などです。
被害者が証拠を保全していれば、民事上では不法行為が成立し損害賠償責任を負う可能性もあるので喫煙者は注意が必要です。

*タバコの煙や臭いの被害

タバコの煙や臭いがベランダから入ってきて気分が悪くなったり、マンションなどの共用部分でタバコを吸うケースです。喫煙はマナーの問題でもありますが、場合によっては損害賠償請求をされる可能性があります。
タバコの煙や臭いについても管理会社に報告し、注意喚起の書面を作成してもらいましょう。

□タバコによるヤニ汚れを防ぐ方法

タバコによる部屋のヤニは、退去時に原状回復費用として請求される可能性もあります。ここでは、どのように防ぐかを解説します。
根本的に防ぐためには、室内のタバコは控えるようにしましょう。部屋の中でタバコを吸うと壁や天井が黄ばむ原因となり、ヤニが染み付いてしまいます。室内でタバコを吸わないことが汚さない方法のひとつとなります。
どうしても吸う場合には、換気扇の前や空気清浄機の近くで吸うといった対策を行いましょう。
また、電子タバコに変えてみるのも効果が期待できます。電子タバコに変えることで臭いやヤニの汚れも大幅に防げる可能性があります。

□まとめ

ここでは、タバコのトラブルや対策などについて解説しました。タバコで部屋を汚すと、退去時に多額の費用を請求をされる可能性もあります。改正健康増進法では、住居について「喫煙を行う場合は周囲の状況に配慮」するよう求めています。いずれにしても、集合住宅での喫煙は最低限のマナーを守りましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理で必要な知識とは?知っておきたいことをご紹介します!

賃貸物件のオーナーとして成功している人もいれば、うまくいかず悩まれている方もいます。賃貸管理で必要な専門知識は幅広くあり、管理会社に委託する場合でも「どのように管理を任せるべきか」などと悩まれる方も多いと思います。ここでは、賃貸管理の現状と管理会社の種類や賃貸管理の主な業務を解説します。

□賃貸管理の現状と管理会社の種類
不動産管理業を行う不動産管理会社は、3万2000社を超えています。(出典:2015年国土交通省「賃貸住宅管理業者数の推計」)また、オーナーの9割が管理会社に委託しているというのが現状です。(出典:国土交通省「民間賃貸住宅に関する市場環境実態調査(2010年))

*管理会社の種類
まず、賃貸仲介系管理会社です。仲介業務を中心に行っていた会社が管理業務も行っているケースです。仲介・管理を1社で行うので、オーナーの手間を省くことができます。
管理業務で物件の各設備を熟知しているので、内見時には入居希望者へスムーズな対応が可能になります。
次に、売買仲介系管理会社です。売買の仲介業務を中心に行っている会社が、合わせて管理業務も行っているケースです。
最後が、ハウスメーカー系管理会社です。ハウスメーカーの子会社やグループ会社の管理業務を行っている形態です。賃貸物件の建築と管理業務をセットで受注できることがほとんどです。

□賃貸管理の主な業務
賃貸の管理業務は多岐にわたりますが、どのような業務があるのでしょうか?それぞれ解説します。
・入居者募集
物件の資料作成や広告掲載、ホームページや不動産ポータルサイトで物件情報の掲載などを行います。
・賃貸契約の手続き
入居時の賃貸借契約に関する手続きを行います。保証会社を利用する際には、契約前に審査を行うケースが多いです。
・家賃集金や督促業務毎月の家賃回収業務や滞納している入居者に対して督促も行います。
・入居者のクレーム対応
入居者同士のトラブルに関して対応する業務です。具体的には、生活騒音やペットの問題、ゴミ出しのマナーなどです。
・修繕の手配・退去時の立会い
各部屋の修繕が必要となった場合の業者手配、退去時の立ち合い、敷金の清算などを行います。

□まとめ
ここでは、賃貸管理の現状と管理会社の種類や賃貸管理の主な業務を解説いたしました。管理業務をスムーズに行うためには、管理会社選びがとても重要となります。信頼と実績のある業者に依頼することを検討しましょう。

 

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ