オーナー様必見!賃貸管理物件の騒音問題への正しい対処法とは?

賃貸経営では、住人が住みやすい環境を提供し続けて、空室を作らないようにする必要があります。

住人が生活環境でストレスを受けやすいのが、騒音です。

騒音は、加害者が騒音を出していることを自覚していないことも多々ありますよね。

そこで今回は、賃貸物件で騒音が発生した場合の対処法を説明します。

 

クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。

 

騒音が最もクレーム(トラブル・ご要望含む)が多い

 

アパートやマンションといった賃貸住宅に住んでいる人は、近隣住民の方とのトラブルが起きやすいです。

その中でも、最も住民が不満を募らせるものは騒音です。

特に隣の部屋との壁が薄く、防音性能が低い場合はちょっとした音でも聞こえてしまい、騒音にならない音量でも騒音と扱われる可能性が高いです。

オーナーが騒音問題に対処しないでいると、知らぬ間に騒音の被害者が退去してしまうという恐れもあるでしょう。

 

騒音問題への対応

 

騒音は住人にとっては非常に大きなストレスとなるため、退去させないためにも迅速な対応が求められます。

主な騒音の種類には以下のものが挙げられます。

 

・音楽や楽器の演奏

・子供が室内で遊ぶ音

・喧嘩による大声

・飲み会やパーティの大声

・掃除機や洗濯機の音

 

*初期対応について

 

騒音のクレームを受けた場合、まずは被害者のところへ行き、騒音の種類と時間などの詳細情報を確認します。

さらに周辺の部屋の住人にも確認し、情報が信頼できるかどうか判断します。

騒音が確認できた場合は、共有フロアに注意文を掲示して、部屋をあえて特定しないまま注意喚起します。

 

それでも騒音が続く場合は、騒音元に騒音が出ていることを伝える必要があるでしょう。

騒音元が騒音を認めず改善しない場合には専門家に相談することが必要です。

 

*ふだん気を付けておくこと

 

賃貸住宅の場合、苦情を言うことで気まずくなったりトラブルになったりすることを恐れ、我慢する人も多く、被害にあった入居者がクレームを言う前に退去してしまうこともあります。

退去した人が騒音被害を口コミやネットで拡散してしまうと、なかなか空室が埋まりません。

 

退去者が多い部屋では隠れた騒音トラブルが発生しているのかもしれません。

退去者に、退去の理由をたずねたり住民とのコミュニケーションを心がけたりすることも大切です。

 

まとめ

 

今回は、賃貸管理している物件で騒音トラブルが発生した場合の適切な対処法について説明しました。

騒音は住人のストレスに大きく影響し、利益の損失にもつながるため迅速に対応しましょう。

賃貸経営をされているオーナーは、ぜひ参考にしてみて下さい。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方必見!害虫が出た場合の正しい対処法とは?

賃貸で暮らしていて困ることの1つが害虫です。

虫は苦手な人が多いので、処理にも困りますし、巣を作っていると自分ではどうにもできないこともありますよね。

そこで今回は、害虫が出た時の対処法についてご紹介します。

 

自分でできる害虫対策とは?

 

害虫が出たときに自分でできることには、どのようなものがあるのでしょうか。

ご自身で害虫対策をできるようになると、助かりますよね。

以下で、詳しくご紹介します。

 

まず、最初にすべきなのが侵入経路をなくすことです。

害虫が発見された場合には、それ以上室内に入ってこないよう侵入経路を塞ぎましょう。

侵入経路を塞がないと、駆除をしてもまた新しい害虫が入ってくるかもしれません。

そのため、駆除を行うにしても、まずは害虫がこれ以上部屋に入ってこないよう侵入経路をなくしましょう。

 

次に、侵入してきた害虫を駆除しましょう。

1匹ずつ駆除するのは面倒なので、契約上禁止されていないのであればくん煙タイプの駆除剤を散布することをおすすめします。

そうすることで、目に入りにくい小さな隙間に入った虫や、家具の裏側等に侵入した害虫も駆除できるでしょう。

しかし、煙に反応して火災報知器などが誤作動を起こすことも考えられるので、使用の際には警報機が反応しないように工夫しましょう。

 

そして、最後に予防を行いましょう。

害虫は思いもよらぬところから侵入してくるものです。

例えば、宅配便等から侵入してくることもあるそうです。

そのため、駆除した後もしっかり予防を行いましょう。

 

予防の方法としては、外注忌避剤いわゆる害虫よけスプレーの仕様が考えられます。

玄関や網戸、窓サッシなど、害虫が侵入してきそうな場所に吹き付けておくことで、害虫の侵入を防止します。

また、蚊やコバエはミントの香りに弱いので、ミントの香りがするものを置くのも1つの手でしょう。

 

まずは、管理会社に連絡を!

 

ここまで、害虫の駆除方法についてご紹介しました。

しかし、害虫を目撃したらまずは管理会社に連絡することをおすすめします。

入居したのちに害虫が見つかった場合には、誰の責任で誰が費用を負担するのかという話し合いになる可能性があります。

しかし、コバエなどの場合には入居者の責任になる場合が多いでしょう。

 

どちらにしても、害虫を目撃したら管理会社もしくは大家さんに連絡を入れましょう。

そうすることで、迅速に対応してくれるかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、賃貸に害虫が出たときの対処方法についてご紹介しました。

害虫は思わぬところから侵入してきます。

また、侵入経路を塞がずに駆除を行うとキリがないので、必ず侵入経路をなくしてから駆除を行いましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

アパート賃貸経営で赤字を改善するためのポイントとは?

アパートの経営がなかなかうまく行かずに悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

アパート経営は初期投資に多額の費用がかかるため、できる限り失敗は避けたいですよね。

そこで今回は、アパートの賃貸経営で赤字を改善するためのポイントについて説明します。

 

アパート経営の仕組み

 

アパート経営は、購入や建設などで手に入れたアパートを第三者に賃貸して収入を得るビジネスモデルです。

経営でかかる経費が利益を上回ると赤字となりますが、これがメリットとなり得る場合もあります。

不動産投資は、帳簿上の収支と実際のキャッシュフローが一致しません。

そのため、帳簿上で赤字の場合は税金がかからず、その分が収益として残り、キャッシュフローが黒字になる可能性もあります。

 

また税金がかからないだけでなく、不動産経営の赤字分を本業の収入から差し引けることを損益通算と呼びます。

課税所得額が減ることで、所得税の余分に払った分が還付されます。

赤字は必ずしも悪いことではないことも知っておきましょう。

 

アパート経営のリスクマネジメント

 

アパート経営で失敗してしまう事例の大半がオーナーのミスによるものです。

初期投資をしてしまうと、もう成功するしかありません。

赤字が出てしまった際にできる改善策として、どのようなものが挙げられるのかご説明します。

 

*空室を作らない

 

空室を作らないためには、うまく物件の魅力を伝える必要があります。

そのためには、直接物件を訪れて、周辺施設の充実度や距離などの情報収集を行いましょう。

築年数が古い物件で安易に家賃を下げずに、近隣にはないような物件にするためにリフォームをするといった工夫を施すのも良いでしょう。

 

また、他の物件の基準と著しくずれているような部分がないかの確認も必要です。

個人でこれらの対策全てを講じるのは難しいので、専門家に相談するのもおすすめです。

 

*物件を細かく分析

 

家賃以外にも保険加入を義務付けた場合にかかる費用など入居者が支払う金額を計算して、周囲の物件と比較することが必要です。

また、定期的な修繕工事を考慮し、何年後にどれくらいの費用の工事が必要なのかといった計算も行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、賃貸経営をする際の赤字を改善するためのポイントについて説明しました。

アパート経営には知識と経験が必要で、なかなか難しいものです。

 

安な方は、不動産経営のプロに任せるのもおすすめです。

賃貸経営のオーナーで経営に悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

釧路市にお住まいの方へ!水道が凍結してしまわないための対処法

釧路市にお住まいの方はいらっしゃいませんか。

釧路市の冬場はかなり寒くなるので、それに伴って様々なことに気を配る必要があります。

特に、注意すべきなのが水道の凍結です。

そこで今回は、水道の凍結を防ぐ方法についてご紹介します。

 

水道が凍結してしまう温度とは?

 

水道がどれくらいの温度で凍結するかご存知でしょうか。

実は、水道が凍結するのは、マイナス4度が目安だと一般的には言われています。

外の気温がマイナス4度を下回ると、日が出ている日中でも水道が凍結してしまう可能性があります。

 

水道が凍結してしまうと、水が出なくなり通常の生活が送れなくなってしまうかもしれません。

水が出ないと、かなり困ってしまいますよね。

 

また、それよりも大変なのが水道管の破裂です。

水道が凍結すると、最悪の場合破裂してしまいます。

破裂すると、修理にかなりの費用がかかったり、家が水浸しになってしまったりすることもあるでしょう。

 

そうなる前に、水道が凍結するのを防ぐ必要があります。

釧路以外でも寒い地域に住んでいる方は、その方法について知っておきましょう。

 

水道を凍結させないための方法

 

それでは、水道を凍結させないためには、どうすれば良いのでしょうか。

水道を凍結させないためには、水抜きと呼ばれる作業を行う必要があります。

水抜きをするには、水抜き栓と呼ばれるもののレバーもしくはハンドルを、水を出した状態で完全に閉めてください。

水抜きが適切に行われていない場合に、凍結してしまう恐れがあるので、丁寧に水抜きをしましょう。

 

お部屋を長期に不在にする場合には、水栓金具・トイレ等のたまり水・給湯ボイラーの対処も必要です。

説明書があれば確認し、説明書がない場合やわからない場合には管理会社に確認しましょう。

 

水道が凍結した場合の対処法

 

いくら予防をしても、水道が凍結してしまうこともあるかもしれません。

凍結の程度が軽い場合には、お部屋を暖めると水が出ることもあります。

それでも出ない場合には、管理会社に連絡して解氷作業を依頼しましょう。

 

また、蛇口に直接お湯をかけたり火で炙ったりすると、水道管が破裂してしまったり火災

につながったりする可能性があるので避けましょう。

 

まとめ

 

今回は、水道の凍結を防ぐ方法についてご紹介しました。

寒い地域では、水道の凍結防止は必ずする必要があります。

水抜きを怠ると、あとで後悔するかもしれないので、確実に行うようにしましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理は意外と大変!?自主管理のメリットとデメリットをご紹介!

「賃貸経営をする際に、自主管理と委託管理のどちらが良いのだろうか。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

自主管理と委託管理では、それぞれ特徴が異なります。

今回は、自主管理する場合のメリットとデメリットについて説明します。

 

クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。

 

管理業務の5つの内容

 

1つ目は、入居者募集です。

仲介会社に募集を依頼します。

募集して入居者が決まれば、契約してもらいます。

 

仲介会社に支払う仲介手数料は基本的に入居者が支払いますが、販売促進費という名目で仲介会社に家賃12ヶ月分を支払っているオーナーも多いのではないでしょうか。

また、仲介会社によって賃貸借契約書の書式は違いますので注意が必要です。

 

2つ目は、家賃の入金管理です。

入居者から現金徴収や銀行振り込みなどによって、家賃を振り込んでもらう必要があります。

滞納などあった場合、期間が長くなればなるほど集金するのが難しくなります。

必ず毎月確認しましょう。

 

3つ目は、入居者への対応です。

入居者が家賃を滞納した際の督促や、クレームが発生した際の対応などを行います。

家賃の滞納が長引く場合は、法的措置も検討しましょう。

 

4つ目は、退去時の立ち会いと敷金精算です。

入居者が退去する際には、立ち会って部屋の状況を確認します。

キズや不具合を見つけた場合は、入居者の責任なのか経年劣化なのかを判断します。

 

退去後は、部屋のクリーニングやリフォームなどをするために業者の手配もする必要があるでしょう。

 

5つ目は、建物の保全です。

共有スペースの清掃や定期的なメンテナンス、修繕対応や業者への連絡などの業務も行います。

建物は必ず経年劣化していくため、自主管理をする場合は定期的に建物の状態を確認しましょう。

修繕のタイミングを見極めるのは専門知識がないと困難で、劣化を見落とすと資産価値の思わぬ低下を招きます。

 

賃貸不動産を自主管理するメリットとデメリット

 

*自主管理のメリットとは?

 

自主管理は全ての仕事を行うため非常に大変ですが、その分の知識と経験は身につきます。

また、管理会社に委託すると、一般的には家賃収入の5パーセント程度の手数料を支払いますが、自主管理ではこの費用がかかりません。

他にも募集は管理会社を経由せず、複数社に依頼できます。

 

*自主管理のデメリットとは?

 

自主管理では、クレームへの対応に常時備える必要があります。

深夜にでもすぐ駆ける必要がある状況もあり、忍耐力がなければ厳しいでしょう。

同様に、敷金の精算や滞納への対応もあり、自らの収益に関わるため、よりシビアな対応が必要です。

これらの問題以外にも、あらゆる状況判断を自分で行う必要があるため、多くの時間を要するうえに責任も大きいです。

 

まとめ

 

今回は、賃貸物件を自主管理する際のメリットとデメリットについて説明しました。

自主管理には非常に手間を要するため、委託管理がおすすめです。

賃貸経営をされている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸物件にお住まいの方へ!ゴミ捨てのマナーとは?

皆さんは、賃貸におけるゴミ捨てのマナーについてご存知でしょうか。

ゴミ捨てのマナーを守らないとトラブルにもつながるので、ある程度理解しておく必要があります。

ゴミ捨てで近隣住民の方との仲が悪くなるのは嫌ですよね。

そこで今回は、ゴミ捨てのマナーについてご紹介します。

 

ゴミ捨てに関連するトラブルとは?

 

ゴミ捨てには、具体的にどのようなトラブルがあるのでしょうか。

以下で、詳しくご紹介します。

 

1つ目に考えられるトラブルが、決められた時間を守らないことです。

こちらはおそらく一番多いと思われるトラブルの1つです。

地域によって異なりますが、ゴミ捨てには決められた時間が存在することをご存知でしょうか。

この時間を守らないと、しばらくゴミが回収されないまま放置されるため、動物が破いたり臭いが発生したりすることにつながるでしょう。

 

2つ目に考えられるトラブルが、ごみ回収袋をしっかり縛っていないというトラブルです。

風で飛ばされたり、転がったりと回収袋をしっかり縛っていないと中身が散乱することもあります。

また、カラスが中身を引っ張り出すということもありますよね。

 

3つ目に考えられるトラブルが、臭いです。特に夏場の生ゴミはすぐに臭いが立ち込めます。

生ゴミはしっかり水気をきって、ためないように捨てましょう。

 

ゴミ捨てのマナーとは

 

*一般的なゴミ捨てのマナー

 

では、ゴミ捨てにはどのようなマナーがあるのでしょうか。

以下で、詳しくご紹介します。

守るべきポイントは以下の4つです。

 

・ゴミの分別

・ゴミ捨ての時間

・粗大ゴミや資源ゴミの取り扱い

・ゴミ出しの場所

 

ゴミの分別に関しては、種類ごとに分けましょう。

資源ゴミはルールを守って分別をしないとリサイクルができませんし、可燃ゴミではないものも可燃ゴミとして処分すると爆発などにつながることもあります。

 

ゴミ捨ての時間は自治体によって異なります。

また、エリアによって多少の違いがある場合も考えられるので注意しましょう。

 

粗大ゴミや資源ゴミは、専門の業者が担当する場合と自治体が委託してくれる場合があります。

どちらにしても、取り扱いに関しては事前確認が必要なので忘れないようにしましょう。

 

*釧路市のゴミ捨てのルール

 

ここでは、釧路市のゴミ捨てのルールについてご紹介します。

まず、ゴミは可燃ゴミ、不燃ゴミ、粗大ゴミ、資源物、有害ゴミの5つに分ける必要があります。

 

また、収集日に関しては釧路市のどの地域に住んでいるかによって異なるので、事前に確認しておきましょう。

時間に関しては朝の9時までには出しておく必要があるので、必ず守ってくださいね。

 

まとめ

 

今回は、ゴミ捨てのマナーについてご紹介しました。

ゴミ捨てにはいくつかトラブルが存在するので、今回の記事を参考にしてトラブルを避けるようにしましょう。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

不動産管理における正しいクレーム(トラブル・ご要望含む)対応と注意事項とは?

賃貸経営をしていて自主管理しているが、クレームへの対応が難しい。」

釧路市周辺でこのようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。

クレームの種類は様々なので、うまく対応するには長年の経験を培ったプロでないと厳しいでしょう。

今回は、賃貸管理をする際のクレームへの対応方法について説明します。

 

クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。

 

 

3大クレーム(トラブル・ご要望含む)は騒音・ゴミ出し・設備不良

 

*騒音クレーム(トラブル・ご要望含む)

 

音の聞こえ方は人それぞれなので、騒音のクレームへの対応は非常に難しいです。

同じ音を同じ距離から聞いていても、うるさいと感じる人とそうでない人がいます。

ただし、全員がうるさいと感じている場合はポストに手紙を入れるといった対策を取ります。

 

時々、騒音に対する注意喚起のお知らせを見かけることがありますよね。

あれは住民全員に向けたものに見えますが、実際は騒音を出す部屋は特定されています。

 

*設備不良に関するクレーム(トラブル・ご要望含む)

 

暖房器具、給湯器に関するクレームも多いです。

指定した温度にならないといったクレームが主ですが、その原因は器具の寿命によるものです。

他にも照明の使い方が分からないといったものがありますが、住人の方にとっては大問題なので迅速に対応するようにしましょう。

 

*ゴミ出しでのクレーム(トラブル・ご要望含む)

 

ゴミ出しに関するトラブルは、住人同士ではなく近隣住民の方によるクレームにも繋がります。

ゴミ箱の設置されていない物件は、特にクレームが増えます。

また、曜日や時間帯を無視してゴミ出しをしてしまうこともクレームに繋がります。

 

クレーム(トラブル・ご要望含む)対応の際の注意事項

 

実際にクレームが寄せられた際には、どのように対応すれば良いのでしょうか。

 

まずは相手に寄り添い、丁寧に話を聞きましょう。

次に、相手の問題点を深堀りしていき、どのような点に不満を抱いているのか明らかにします。

それについて丁寧に事情を説明した上で、今後具体的にどのように対応していくのか説明しましょう。

 

スムーズにクレーム対応が進めば良いですが、実際は複雑な問題が絡み進展しないというケースも多々あります。

安全に賃貸経営をしていくためには、プロへ委託するのが最適です。

弊社へ委託することで、長年の経験で培ったノウハウで様々な問題に対応できますので、ぜひご検討ください。

 

まとめ

 

今回は、賃貸管理でのクレームへの対応方法について説明しました。

不動産管理のクレームへの対応は非常に困難ですが、管理会社へ委託することで解消されます。

釧路市周辺で賃貸管理の委託を検討されている方は、ぜひお気軽にご相談下さい。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸物件で同棲する際に知っておきたいトラブル事例

賃貸物件で同棲を始めた方はいらっしゃいませんか。

やはり、恋人と同じ部屋で過ごせるのは良いですよね。

しかし、賃貸物件で同棲を始めるにはいくつか注意点があります。

そこで今回は、賃貸で同棲する際の注意点についてご紹介します。

 

同棲によるトラブルとは

 

大好きな相手と同じ時間を過ごせるのは嬉しいですよね。

しかし、もちろん注意点もあります。

以下でご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

 

1つ目の注意点が、ワンルームにはしないことです。

1つの部屋だとさらに仲が深まりそうですよね。

しかし、実はワンルームや1Kの物件だと、その8割が結婚をせずに別れて終わっているそうです。

 

カップルとはいっても、やはりプライベートな環境は必要でしょう。

同棲がきっかけで別れるのは嫌ですよね。

そのようにならないためにも、ワンルームや1Kは避けましょう。

 

2つ目の注意点が、ある程度初期費用が必要なことです。

実は、賃貸物件では初期費用が多少かかります。

その金額は、賃料の45ヶ月分になります。

 

初期費用が原因で揉めるのは、少し嫌ですよね。

そのため、事前にどれくらいの費用がかかるのか調べておきましょう。

 

3つ目の注意点が、生活費の負担トラブルです。

人間生活をするにはある程度お金が必要なものです。

1人だと自分が払えば良いのですが、同棲をしているとなるとどちらがどれだけ払うのかで揉めることもあるでしょう。

 

同棲している相手と喧嘩をしてしまうと、かなり気まずいですよね。

そのようにならないためにも、どれくらいどちらが負担するのかを決めておきましょう。

 

 

一人暮らし用の物件で同棲はNG

 

一人暮らし用の物件で同棲しようと考えている方もいらっしゃると思いますが、そもそも1Rなどの単身者用物件での2人暮らしは契約できない場合も多く、途中で人数が増えるのもNGです。

できたとしてもあまりおすすめしません。

その理由を以下でご紹介します。

 

1つ目の理由が、単身者向けの物件を探してそこを選んでいる方もいることです。

単身者向けだと、静かで生活音があまりないことを理由に選ぶ方もいらっしゃるでしょう。

しかし、同棲をしていると少なからず話し声や生活音が増えてしまいます。

そうなると、苦情につながることもあるので注意しましょう。

 

2つ目の理由が、入居者の間の公平を保てないことです。

同棲を我慢している入居者の方もいらっしゃる中で自分たちだけが同棲をしていると、他の入居者の方が良い思いをしない危険性があります。

同じ条件で物件を借りているので、公平じゃないと不満を持ちますよね。

そういったことにならないためにも、一人暮らし用の物件での同棲は避けましょう。

 

3つ目の理由が、部屋への負担が増えることです。

2人で暮らすとなると、もちろん部屋への負担も増加します。

部屋への負担が大きくなると、契約した敷金と釣り合わなくなってしまうかもしれません。

 

まとめ

 

今回は、賃貸で同棲する際の注意点についてご紹介しました。

賃貸で同棲をするとトラブルになることもあります。

そのようにならないためにも、今回ご紹介した内容を参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸管理を依頼する場合の手数料の相場はいくらくらい?

「賃貸管理を管理会社に委託する際の手数料の相場はいくらくらいなのか。」

このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。

賃貸経営をしている方は、手数料が適正なものか知っておく必要があります。

そこで今回は、賃貸管理を依頼する際の手数料の相場について説明します。

 

クレームという表記ですが、トラブルや入居者様のご要望も含みます。

 

賃貸経営における管理業務とは?

 

不動産管理の方法は、自主管理と委託管理の2種類に分かれています。

 

*自主管理

 

自社管理とは、オーナー自身が管理業務を行うことです。

管理会社に委託する場合と比べて費用を抑えられ、一般的な手数料である、年間の家賃収入

のおよ5パーセントの費用がかからないというメリットがあります。

一方で、自分で管理する必要があるため、その分の手間を要します。

 

掃除を定期的に行う必要があり、管理が行き届いていないとクレームにも繋がりかねません。

そのようなクレーム対応にも常に備える必要があり、その他にも内装工事や契約などの慣れない仕事にも取り組む必要があり非常に大変です。

 

*委託管理

 

自主管理のデメリットが全てなくなるのが委託管理です。

管理のプロに委託することで、クレーム対応や契約など面倒な仕事を全て請け負ってくれます。

不動産管理の専門会社が仕事を効率的にこなしてくれるため、オーナーが管理するよりも生じるリスクは減りますよ。

 

ただし、一般的には賃料の5パーセント程度の手数料が発生する場合が多いです。

管理業務の範囲は管理会社によって異なるので、手数料とのバランスを考慮して検討しましょう。

 

賃貸管理の手数料はどのくらい払うものなのか

 

先述の通り、賃貸管理を管理会社に委託する際は家賃の5パーセント程度の場合が一般的です。

しかし、8パーセント程度と高くしたり、3パーセント程度と低くしたりと様々な価格帯があります。

この幅は、業務の幅が広がるほど高くなり、狭まるほど安くなります。

 

また業務サービスも業者によって異なるので、確認しましょう。

基本的なサービスでは、家賃収納、退去立会と敷金の清算、契約更新手続、クレーム対応が含まれています。

ただし、共用スペースの掃除、駐車場の除雪、除草に関しては別途料金がかかる場合があります。

また、賃貸管理の手数料は経費になるので、確定申告での計上を忘れないようにしましょう。

 

まとめ

 

今回は、賃貸管理を委託する場合の手数料の相場について説明しました。

賃貸物件はオーナー自ら管理することも可能ですが、非常に手間を要します。

そのため、手数料はかかりますが委託管理の方がおすすめです。

賃貸経営をしている方に参考にしていただければ幸いです。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ

賃貸にお住まいの方必見!ペット可の物件でのトラブルとは?

賃貸にお住まいの方はいらっしゃいませんか。

釧路だとペットと住めるお部屋は少ないですよね。

しかし、ペット可の物件でも特有のトラブルが発生します。

そこで今回は、ペット可の物件にありがちなトラブルや対処法についてご紹介します。

 

ペット可の物件特有のトラブルとは?

 

ペット可の物件で最も多いトラブルが騒音です。

特に犬を飼っている方だとわかると思いますが、犬の鳴き声はかなり響き、近隣住民の方に迷惑をかけてしまうかもしれません。

また、ペットは近隣住民の方のことを気にせずに部屋を走り回ることもあるでしょう。

こういった騒音トラブルは、ペット可の物件にはつきものです。

 

ペットの騒音トラブルの解決策はしつけです。

しつけさえできていれば、無駄に吠えることもなくなり、騒音トラブルにつながる可能性もかなり減少するでしょう。

ペットの足音等が騒音につながっている場合には、厚手のカーペットや防音マットを敷くことで対策できるでしょう。

また、自分でしつけができないという場合には、ペットトレーナーなどの専門の方にお願いするのも1つの手です。

 

次に挙げられるトラブルが、臭いです。

ペットから出る体臭、排泄物の臭い等がありますが、最も注意する必要があるのが排泄物の臭いです。

家でゆっくりくつろいでいるときに、不快な臭いが来るのは嫌ですよね。

 

こういったトラブルを起こさないためにも、1日に2回以上は散歩に連れて行ってあげましょう。

そうすることで、散歩中に排泄を済ませ、室内での排泄を防げるはずです。

また、市販の消臭グッズを活用するのも1つの手でしょう。

体臭に関しては、ペット専用のシャンプーが販売されているのでそちらを利用しましょう。

 

最後にご紹介するのが、規約違反に関するトラブルです。

こちらは、ペット可ではあるものの、種類や数に制限がある場合です。

もちろん、規約に違反すると罰則を受けたり、最悪の場合には退去する必要があったりするかもしれません。

 

このトラブルに対しては、規約を事前にしっかりとチェックすることが大切です。

入居前に仲介会社や管理会社から話をきいて確認しましょう。

そうすることで、トラブルを未然に防げるでしょう。

 

まとめ

 

今回は、ペット可の物件特有のトラブルについてご紹介しました。

ペット可の物件だと、騒音や臭いなどのトラブルが存在します。

しかし、それぞれに適した解決策があるので、本記事を参考にして対策を行ってみてください。

 

カテゴリー: 未分類 | コメントをどうぞ