賃貸経営をしている方へ!入居率を高めるためには?

「賃貸経営をしているが、なかなか満室にならない。」

このようなお悩みを抱えている方はいらっしゃいませんか。

賃貸経営で成功するためには、入居率を高める必要があります。

そこで今回は、賃貸経営をしている方へ向けて、入居率を高める方法について説明します。

 

入居率アップ対策の前に、現在の入居率の原因を調査しよう!

 

入居率が低いことが原因で、対策をして満室にしたいと考えていても、やみくもに取り組むのは良くないでしょう。

まずは、現在の入居率が低い原因を突き止める必要があります。

 

物件の管理を管理会社に委託していると、オーナー自身が物件についてあまり把握していない場合も多いでしょう。

その場合は、実際に自分の目で物件を確認することが重要です。

建物自体の劣化や周辺の施設の変化、競合物件の増加など、新しい気づきが得られるはずです。

特に競合物件の影響力は大きいので、家賃や間取り、設備の状況などを確認し、競合に負けないような施策を実行しましょう。

 

入居者が望む設備はどんなもの?

 

入居希望者が物件を選ぶときには、間取りなどとともに設備の充実度も重要です。

ーゲットとする人々にとって、どんな設備があると暮らしやすいのかを考えると良いでしょう。

 

全国賃貸住宅新聞の20201019日発行、人気設備ランキング「この設備がなければ決まらない」では、以下の結果となっています。

 

単身者向けとしては、以下のものが挙げられます。

・室内洗濯機置き場

TVモニター付きインターフォン

・インターネット無料

・独立洗面台

・洗浄機能付き便座

・エントランスのオートロック

・備え付け照明

・宅配ボックス

 

一方、ファミリータイプが求める設備としては、以下のものが挙げられます。

・室内洗濯機置き場

・独立洗面台

・追い炊き機能

TVモニター付きインターフォン

・洗浄機能付き便座

・インターネット無料

・システムキッチン

・ガスコンロ(二口・三口)

 

近年の傾向としては、ネット通販利用の広がりにより「宅配ボックス」が、ユーチューブやネットゲームの流行により「インターネット無料」あるいは「無料Wi-Fi」といった設備が人気となっております。

 

まとめ

 

今回は、賃貸経営をしている方に向けて、入居率を高める方法について説明しました。

入居率を高めるためには、入居希望者の特徴に合わせた設備の充実が重要です。

アパートやマンションの賃貸経営をしている方は、ぜひ参考にしてみてください。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>