アパート賃貸経営で赤字を改善するためのポイントとは?

アパートの経営がなかなかうまく行かずに悩んでいる方はいらっしゃいませんか。

アパート経営は初期投資に多額の費用がかかるため、できる限り失敗は避けたいですよね。

そこで今回は、アパートの賃貸経営で赤字を改善するためのポイントについて説明します。

 

アパート経営の仕組み

 

アパート経営は、購入や建設などで手に入れたアパートを第三者に賃貸して収入を得るビジネスモデルです。

経営でかかる経費が利益を上回ると赤字となりますが、これがメリットとなり得る場合もあります。

不動産投資は、帳簿上の収支と実際のキャッシュフローが一致しません。

そのため、帳簿上で赤字の場合は税金がかからず、その分が収益として残り、キャッシュフローが黒字になる可能性もあります。

 

また税金がかからないだけでなく、不動産経営の赤字分を本業の収入から差し引けることを損益通算と呼びます。

課税所得額が減ることで、所得税の余分に払った分が還付されます。

赤字は必ずしも悪いことではないことも知っておきましょう。

 

アパート経営のリスクマネジメント

 

アパート経営で失敗してしまう事例の大半がオーナーのミスによるものです。

初期投資をしてしまうと、もう成功するしかありません。

赤字が出てしまった際にできる改善策として、どのようなものが挙げられるのかご説明します。

 

*空室を作らない

 

空室を作らないためには、うまく物件の魅力を伝える必要があります。

そのためには、直接物件を訪れて、周辺施設の充実度や距離などの情報収集を行いましょう。

築年数が古い物件で安易に家賃を下げずに、近隣にはないような物件にするためにリフォームをするといった工夫を施すのも良いでしょう。

 

また、他の物件の基準と著しくずれているような部分がないかの確認も必要です。

個人でこれらの対策全てを講じるのは難しいので、専門家に相談するのもおすすめです。

 

*物件を細かく分析

 

家賃以外にも保険加入を義務付けた場合にかかる費用など入居者が支払う金額を計算して、周囲の物件と比較することが必要です。

また、定期的な修繕工事を考慮し、何年後にどれくらいの費用の工事が必要なのかといった計算も行いましょう。

 

まとめ

 

今回は、賃貸経営をする際の赤字を改善するためのポイントについて説明しました。

アパート経営には知識と経験が必要で、なかなか難しいものです。

 

安な方は、不動産経営のプロに任せるのもおすすめです。

賃貸経営のオーナーで経営に悩んでいる方は、お気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>