空室対策に効果的!オーナーさんが持つべきマーケティングの視点について!

「所有物件の空室率が高いためなんとか改善したい」このようにお考えの方はいらっしゃいませんか。そういった方はマーケティングの視点を持ってみると良いでしょう。しかし、マーケティングの視点と言われてもいまいちわからないですよね。そこで今回は、空室対策として有効なマーケティングの視点について紹介します。

□差別化が重要である
賃貸オーナーの方で、空室があることに悩んでいる方は多くいらっしゃるでしょう。空室がある場合の対策として有効なのは、やはり他物件との差別化です。他の物件とは違う部分を売り出していくことで、入居者の獲得につながるでしょう。
最も効果的な方法は、リフォームをすることです。大規模なものであれば、水回りを新調することですね。
しかし、大規模なリフォームをしたくない方もいらっしゃるでしょう。その場合は、簡単なリフォームをすることをおすすめします。例えば、壁紙の色を変えてみたり、床の色を変えたりといったリフォームでも、十分に印象を変化させられるでしょう。
また、色を変えるだけでなく、雰囲気を変えることもおすすめです。ヴィンテージ風のお部屋にしたり、ポップなお部屋にしたり、高級感を演出してみたりしてください。他とは違った雰囲気の部屋は人気になる可能性が高いです。
こうした差別化はとても大事ですが、やはりターゲットとなる入居者のテーマにあった部屋を作ることが大切です。

□マーケティングの視点とは
空室対策をする際に考えたい3つのマーケティング視点があります。ここではその視点について紹介するので、是非参考にしてください。
1つ目は、ターゲットとなる入居者を出来る限り具体的にイメージして、重要な要素を企画に盛り込むことです。性別や年齢、年収、ライフスタイルまでを明確に考えておきましょう。
2つ目は、周辺の2〜5キロメートルの物件の家賃や住民の調査をすることです。入居者が喜ぶ立地や家賃を検討する必要があるため、この調査はかなり重要でしょう。
3つ目は、部屋選びを主導する女性を意識することです。部屋を内見する場合の多くが女性主導で部屋を選んでいます。そのため、部屋をきれいにしたり、安全性をアピールしたりすることは空室対策に有効です。

□まとめ
今回は、空室対策として有効なマーケティングの視点について紹介しました。空室対策として差別化を図ることはとても効果的です。また、3つのマーケティング視点を念頭に置きながら、空室対策を進めていきましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>