入居率向上のために!空室対策のアイデアをご紹介します!

「入居率が優れないため、空室対策を考えている」「どのような空室対策を実施すれば良いかわからない」このような悩みをお持ちの方はいらっしゃいませんか。空室対策は重要ですが、空室の原因を特定することも重要です。そこで今回は、入居率向上をお考えの方へ、空室対策のアイデアと原因特定の重要性を紹介します。

□空室対策のアイデアについて
実際に空室対策を行う際のアイデアを4つ紹介しますので、是非参考にしてみてください。
1つ目は、ターゲットの見直しをすることです。現在は物件の供給が需要を上回っているため、差別化を図ることが必要になっています。ターゲットを見直して、今までとは異なる入居者を狙ってみてはいかがでしょうか。
2つ目は、入居者の負担を減らすことです。家賃を減額したり、更新料や敷金、礼金を値下げしたりを廃止することです。負担を軽減すれば、入居希望者は増えるでしょう。
3つ目は、内見を増やすことです。ネット上でサイトを使って内見する場合、ほとんどが写真によって判断されるでしょう。そのため、入居者の気持ちを考えることが重要です。
4つ目は、内覧が決まり次第、共用部分の清掃をすることです。第一印象を良くするために、エントランスやゴミ置き場、駐車場を整備しましょう。

□原因特定も重要
ここまでは空室対策について詳しく紹介しました。しかし、対策以外にも重要なことがあることをご存知でしょうか。それは、空室の原因を特定することです。
空室になる場合は必ず原因があると言えるでしょう。原因を解消できるような対策を施さない限りは、空室は減らないといっても過言ではありません。
そのため、競合している物件の特徴や市民の特徴を調査すると良いです。さらに、成約事例を集めることもおすすめします。成約事例を参照することで、ご自身の空室対策に活かせますね。加えて、現地調査を行うことで、周辺環境を把握し、集客に活かせます。
これらの活動を積極的に行うことで、空室の原因が明らかになるでしょう。当社では豊富なネットワークや広告活動によって安定した入居率を実現しています。空室でお困りの方は是非ご連絡ください。

□まとめ
今回は、入居率向上をお考えの方へ、空室対策のアイデアと原因特定の重要性を紹介しました。しっかりと対策を施すことはとても大切ですが、それと同じくらい空室の原因を解明することも重要です。空室ができて困っている方は、ぜひ当社に管理をお任せください。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>