賃貸の床を傷つけてしまったときはどうする?

賃貸に住んでいて床が傷ついて困ったという方はいらっしゃいませんか。賃貸で床を傷つけたときにどのような対応を取ればいいかわかりにくいですよね。そこで今回は、賃貸で床を傷つけたときにどのように対応すれば良いのかを解説します。床を傷つけて対応に困っている方は参考にしてみてください。

□床が傷ついた、剥がれたときの対処法について
賃貸で床が傷ついたり、剥がれたりしたら、「どのように対処すれば良いのだろう。」と焦ってしまいますよね。では、そのようなときにどう対応すれば良いかをみていきましょう。
まず、目立たない傷なら大丈夫な場合がほとんどです。一般的にはフローリングに傷をつけた場合は、その部分の補修を入居者が負担することになっています。しかし、目立たない傷で、はっきりと傷だとわからないときはほとんど費用を請求されません。
目立たない傷なら問題ないかもしれませんが、はっきりとわかる傷ならどうなるのでしょうか。その場合は、退去時に修繕費用が請求されます。自分で補修した場合はどうでしょう。自分で補修するといってもしょせん素人です。よけいに傷が目立ってしまうかもしれません。傷がひどくなったらどうしようと不安のある場合には、やはりまずは、管理会社に連絡しましょう。

□床を傷つけたときにかかる費用について
では、補修が必要になる傷の種類やかかる費用はどのくらいなのでしょうか。きちんと確認して、万が一床を傷つけた場合に役立てるようにしましょう。
一般的な補修が必要になる傷は、飲み物をこぼしたときのしみやカビ、物を運ぶときに壁に当ててしまってできたへこみ傷やひっかき傷などが当てはまります。その一方で、日照による変色やクッションフロアーについた洗濯機の足の跡などは入居者が負担を抱えるケースはほとんどありません。
フローリングの張り替えとなってしまいますと6畳で15~20万円程となってしまうので、費用も結構かかってきます。いずれにせよ、高い修繕費用がかかってきますので、なるべく床を傷つけないようにしましょう。

□まとめ
今回は、賃貸で床を傷つけたときにどのように対応すれば良いのかを解説しました。床が傷ついたときにはまず誰が起こしてしまったのかが重要です。また自分でで補修するのはやめて、不安な場合は管理会社に連絡するのが良いでしょう。お住まいの住宅において、何かご不明な点がありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>