空室対策を成功させるためには?賃貸経営でお悩みの方必見です!

賃貸経営をされている方の中で不安材料となりやすいのは空室です。長期間空室が出ると、それが原因で経営が苦しくなってしまうこともあります。そのため、早急に対策をする必要がありますが、一体どのような対策が効果的なのでしょうか。そこで今回は効果的な空室対策についてご紹介します。

□空室対策の具体例
空室対策は賃貸経営で最も重要な要素の1つです。その空室対策の中でも効果的な対策がいくつかあるため、ここでご紹介します。
まず1つ目は、所有している物件の適正な賃料相場を知っておくことです。物件を探している人のほとんどは、まず希望の地域から探し、その次に賃料で物件を選択していきます。
そこから細かい条件や築年数、間取りといった要素を確認し、入居を決定する方が多いでしょう。つまり、賃料が地域の相場からあまりにかけ離れていると、最初の段階で候補から外れてしまう恐れがあります。これは注意したいポイントですね。
2つ目に設備の更新が挙げられます。賃貸経営を始めた当初は最新設備であったものも、時間の経過とともに古くなっていきます。そのため、共有部にある設備や部屋の内装が時代のニーズに合っているかをチェックするようにしましょう。
近年では、高速のインターネット回線や宅配ボックスの需要が非常に高まっています。求められている設備は、物件のターゲットによっても変わるので、しっかりと戦略を立てて決めていきたいですね。
3つ目に入居者募集方法の見直しが挙げられます。入居者募集を管理会社に任せているオーナー様は少なくありませんが、オーナー様自身でもチェックしておくことは重要です。管理会社としっかりと相談しても効果が出ない場合は、管理会社の変更を検討してみても良いでしょう。

□おすすめできない空室対策
先ほどは効果的な対策をご紹介しましたが、ここではおすすめできない空室対策をご紹介します。
まず、挙げられるのが賃料の大幅な値下げです。周囲の物件の賃料に値段を合わせる程度の値下げであれば問題ありません。ただ、あまりに値下げしすぎると経営が苦しくなってしまうでしょう。また、何か理由があるのではないかと考え、入居希望者が減ってしまう恐れもあります。
空室対策においては、賃料の値下げは相場程度までか、少し安い程度にしましょう。
次に挙げられるのがリフォームに費用をかけすぎることです。リフォームは有効な空室対策ですが、細部までこだわると思わぬ出費になってしまうことがあります。リフォームをする際は費用対効果を意識しながら、事前に予算をしっかりと決めておきましょう。
その他に挙げられるのは管理会社任せにしないということです。長期に空室が出ている場合は、管理会社に問題があることも少なくありません。そのまま任せていても良い結果がでるとは限らないため、オーナー様自身でも空室対策をしていきましょう。より効果的な空室対策を管理会社にもしてもらいたいという場合には、変更をおすすめします。

□まとめ
今回は空室対策を成功させるための具体的な対策についてご紹介しました。空室対策をされる際は、ぜひこれらの情報を参考にしてみてくださいね。当社では、オーナー様の目線に立った物件管理を心がけております。より効果的な空室対策をしたいという方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>