新築なのに入居率が低いのはなぜ?空室対策をご紹介!

「新築物件にもかかわらず、入居者が集まらない。」このような悩みをお持ちのオーナー様は多いのではないでしょうか。思い描いていたように入居者が集まらないと賃貸経営も苦しくなるため、対策を講じる必要があります。そこで今回は、新築物件の空室対策についてご紹介します。

□新築物件で空室になる理由とは?
新築物件で空室になる主な理由として考えられることは、大きく3つ存在します。
1つ目は、家賃が相場より高いということが挙げられます。設備や広さなどの物件の条件に対して家賃が周辺物件よりも高すぎる場合は、空室が出やすい傾向にあります。

2つ目には清掃状態が悪いことが挙げられます。新築であっても、1ヶ月清掃や整備を怠るだけで汚れやホコリが目立つようになります。特に新築は建物が綺麗であるため、汚れやホコリが目立ちやすい傾向があります。これらは内見者にとって良くない印象を与えることがあるため注意が必要です。

3つ目は入居者募集方法に問題があることが挙げられます。空室対策をきちんとしていても、なかなか入居者が集まらない場合は入居者募集方法に問題があることが考えられます。
以上が新築物件で考えられる空室が埋まらない主な理由です。

□新築物件の空室対策についてご紹介!
先ほどは新築物件で空室になる理由として考えられることについてご紹介しました。そしてそれを踏まえて、新築物件の空室対策についてご紹介します。
まず、家賃の見直しが挙げられます。先ほどご紹介したように周辺物件よりも家賃が高すぎる場合、入居者が集まりにくくなる可能性があります。そのため、周辺の物件をリサーチし、適正な家賃の価格設定を心がけるようにしましょう。

次に清掃業務の見直しが挙げられます。先ほどご紹介した汚れやホコリ以外にも、季節によって虫の死骸や落ち葉が落ちている場合もあります。これらは掃除をきちんとしていても残っている場合があるため、仕方のない面もありますが、なるべく綺麗にしておきたいところです。そのため清掃や整備をしっかりと行っている場合も、再度確認するようにしておきましょう。

最後に入居者募集方法の見直しが挙げられます。インターネットでの入居者募集をされている場合、物件の写真や情報が問題になっている場合があります。また、管理会社に入居者募集を任せている場合は、一度相談してみましょう。それでも改善されない場合は、管理会社の変更を検討されることをおすすめします。

□まとめ
今回は新築物件の空室対策についてご紹介しました。新築物件であれば、適切な空室対策をすることで入居者を集められる可能性があります。当社は新築物件の空室対策に関して豊富なノウハウがあります。新築物件のオーナー様で空室対策にお悩みの方は、ぜひお気軽にご相談ください。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>