空室対策でお困りのオーナー様へ!おすすめの方法をご紹介します!

空室がなかなか埋まらないというお悩みをお持ちのオーナー様は多くいらっしゃいます。空室が長期間にわたり出てしまうと、賃貸収入の低下につながるため、なるべく早く対策しておきたいところです。そこで今回は、空室対策でお困りのオーナー様に向けて、おすすめの方法をご紹介します。

□空室の原因を探る
空室の原因を探るために、調べておきたいことがいくつか存在します。
まず挙げられるのは物件の立地です。公共交通機関が近くにあるような物件は、よほど賃料が高くない限り、空室は埋まりやすいでしょう。このように立地の良い物件で、周辺の物件と比較しても賃料が高くない場合は、賃料以外の要素が空室の原因となっている可能性があります。

一方で、不便な地域にある場合はそれ以外の魅力を高める必要があります。物件ならではの特色を持たせることで、立地条件がそれほど良くなくても、入居者は集められます。立地条件の不利を補うためにも、物件の魅力を高めるための取り組みをしていきましょう。
次に挙げられるのは地域のニーズです。所有物件周辺のニーズを知ることで、ターゲットの絞り込みをすることが可能です。例えば、学生の多い地域であれば学生に向けた設備を備えた物件にしていくことで、空室が埋まる可能性が高くなります。ターゲットを絞り込むためにも周辺のニーズを把握しておきましょう。

□効果的な空室対策
先ほどは空室対策を考える前に調べておきたいことをご紹介しました。それに続いて、ここでは効果的な空室対策についてご紹介します。
効果的な空室対策として1つ目に挙げられるのは、家賃の見直しです。周辺物件に比べて家賃が高額すぎる場合は、入居者が集まりにくい傾向があります。そのため、周辺物件に比べて適正な料金設定になっているかを調べておくようにしましょう。

2つ目は、ニーズに合わせた間取りや設備に改修することが挙げられます。新築時に流行りの間取りや最新鋭の設備を備えた物件であっても、改修していかなければ時代に合っていないものになってしまいます。空室がなかなか埋まらないという場合は、物件の間取りや設備を最近のニーズに合わせたものに改修すること検討しても良いでしょう。

3つ目に挙げられるのは入居者募集方法の見直しです。どれだけ空室対策をしても新規の入居希望者が現れない場合は、募集方法が適切でない恐れがあります。そのため、なかなか効果が出ない場合は、募集方法を見直すことをおすすめします。
管理会社に入居者募集を任せている場合は、管理会社に一度相談してみましょう。管理会社に相談しても改善しない場合は、管理会社の変更をおすすめします。

□まとめ
今回は空室対策でお困りのオーナー様に向けておすすめの空室対策をご紹介しました。空室対策を行う際は、どの空室対策が有効かを考えるための原因特定も大切です。当社では空室対策に悩まれているオーナー様のご相談を受け付けております。賃貸管理に関するお悩みのある方は、ぜひお気軽に当社までお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>