賃貸でタバコのトラブルにあったらどうする?

賃貸住宅にお住いの方の中で、タバコのトラブルにお悩みの方はいらっしゃいませんか。近隣の方がタバコを吸うことにストレスを感じたり、ご自身がタバコを吸っていて近隣の方から苦情を受けたりと、タバコが原因のトラブルは少なからず存在します。ここではタバコが原因のトラブルを防ぐ方法について、詳しく解説していきます。

□賃貸でタバコのトラブルにうまく対処するには?
賃貸でタバコのトラブルに発展しそうな時は、どのように対処すればよいのでしょうか。近隣住民のタバコに悩まされている場合と、自分がタバコを吸いたい場合に分けて解説していきます。

*近隣住民のタバコに悩まされている場合
賃貸で暮らしていると、タバコの匂いがどこからともなく漂ってくることは少なくありません。しかし近隣住民がタバコを吸っているとわかっても、どうすればいいのかわからないですよね。
この場合は、タバコを吸っていると考えられる住民との直接やり取りして解決しようとするのではなく、管理会社や大家さんを通して間接的に解決することが望ましいです。なぜなら、生活に関わる問題は価値観の違いが顕著に現れやすく、トラブルになるリスクが高いためです。折り合いがつかずにただの言い合いになるようなことも珍しくないので、管理会社や大家さんを通して解決を図りましょう。

*自分がタバコを吸いたい場合
タバコを吸いたいけど、「近隣住民の方に苦情を言われないだろうか」と考えてしまう方もいらっしゃるかと思います。自宅でタバコを吸う場合、まずベランダでの喫煙は避けた方がいいでしょう。ベランダには直接タバコの匂いが通りますし、洗濯物に匂いがつくことをとても嫌がる方も多いです。トラブルを避けるためには、ベランダでの喫煙は避けるべきです。
近隣トラブルが起きにくい喫煙場所は、部屋の中です。しかし、部屋にタバコの匂いがついてしまうという問題があります。
そこで部屋にタバコの匂いをつけないために、喫煙する際は空気清浄機やタバコ用の消臭剤、消臭クロスや換気扇などの消臭効果のあるものを併用しましょう。そのまま喫煙するよりも、はるかに匂いが軽減されます。
もし可能であれば、臭いや煙が少ない加熱式タバコに変えるという方法も効果的です。匂いの原因をかなり大きく取り除けるので、もしトラブルにお悩みの場合は試してみるとよいでしょう。
しかし賃貸の契約によっては、部屋の中での喫煙が許可されていないこともあります。その場合は喫煙することはさらに大きなトラブルを招きますので、喫煙の許可があるかどうかは最低限確認しておきましょう。

□賃貸での喫煙に関する動向について
かつてよく報告されていたタバコに関するクレームの多くは、賃貸住宅の敷地にタバコが捨てられているというものでした。しかし近年は、近隣からのタバコの臭いなどのクレームが中心となっていて、時代とともに変化していることが分かります。
また、2018年には健康増進法の改正が可決されたこともあり、屋内での喫煙が制限されることも多くなりました。賃貸に関しても、敷地内では完全に喫煙を禁止するところも増えているのが事実です。
現代は、タバコに関する拒否反応が大きくなっている時代と言えるかもしれません。そのようなことを踏まえつつ、極力匂いや煙が近隣住民に届かないよう、気を配ることが大切です。トラブルにならないよう、喫煙者としてのマナーを守るようにしましょう。

□まとめ
今回は賃貸住宅に住んでいる方に向けて、タバコが原因で起こるトラブルについて解説しました。近隣住民との関係を保つための方法について、参考にしていただければ幸いです。タバコ以外のトラブルでもお悩みがあれば、ぜひ当社の他の記事についてもチェックしていただきたいと思います。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>