賃貸で電気がつかない!その原因は?

家に帰ってきて電気をつけようとしたのに、電気がつかないというトラブルに見舞われることがあります。電気がつかないと何も見えなくて危険ですし、なるべく早くなんとかしたいですよね。対処するためには、原因を知ることが重要です。そこで今回は、賃貸で電気がつかなくなる原因について解説していきますので、参考にしてください。

□賃貸に引っ越してすぐに電気がつかない場合は?
賃貸に引っ越してきてすぐのタイミングで、電気がつかないことに気がつくことがあると思います。引っ越ししたタイミングには電気、ガス、水道などの生活インフラは使用できるようになっています。しかし、最初はブレーカーがオフになっていたり、水道の元栓が閉まっていることもよくあります。それを確認せずに、電気がつかないと誤認するケースが多いです。そのため、引っ越ししてすぐ電気がつかないときは、まずブレーカーと水道の元栓を確認するようにしましょう。
しかし、まれにブレーカーをオンにしたり、水道の元栓を開けたりしても使用できないケースはあります。そのような場合は、管理会社か大家さん、もしくは電気会社や水道会社に連絡してみましょう。

□急に電気がつかなくなる原因は?
普通に暮らしていても、「昨日はついたのに今日急につかなくなった」ということもあるかもしれません。ここでは考えられる原因ごとに見ていきましょう。

*災害によるもの
台風や雷によって停電してしまうケースがあります。自然災害が原因の時は、復旧にも時間がかかることが多いです。
このような時は、落ち着いて状況を把握しましょう。まずは、近隣も同じような状況なのかどうかを確認してください。もし近隣も全体的に同じような状況であれば、電力会社による復旧を待つことになります。
一方で、自分の家だけ電気がつかないという状況であれば、まずブレーカーを確認してください。ブレーカーがオフになっている場合は、入れ直すだけで復旧できることがほとんどです。分電盤の個別のブレーカーについても、オフになっている場合はオンにしましょう。
もしブレーカーをオンにしても復旧できない場合は、早急に管理会社か電力会社に連絡しましょう。

*アンペア超過によるもの
例えば、ドライヤーと電子レンジ、パソコンなど多数の電気製品を一度に起動させると、アンペアが超過してしまい、安全のためにブレーカーが落ちるようになっています。このような場合は、ブレーカーを入れ直すことで復旧が可能です。
ブレーカーを入れ直す際は、あらかじめ電化製品の電源をオフにしてください。ブレーカーをオンにしてから、電化製品の電源を入れていきます。アンペアを超過したということは、一度にたくさん電化製品を使いすぎているので、同時に使う数を減らしてください。

*漏電遮断機によるもの
漏電遮断機は、家の中で漏電していると見られる箇所があると、電気を切ってくれるという役割を果たしています。漏電遮断機を外して電気を通すことは可能ですが、電気が切れたということは漏電している恐れがあるということです。安全を鑑みて自分で電気を通す前に、電力会社に問い合わせてみることをおすすめします。

□まとめ
今回は、賃貸で電気がつかないトラブルについて解説してきました。電気がつかない際には、様々な原因が考えられることがおわかりいただけたかと思います。トラブルの際はまず原因を知り、適切に対処することが重要です。電気がつかないトラブルがあったときには、ぜひ本記事を参考にしてください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>