賃貸管理をしている方へ!入居率を上げる方法について説明します

賃貸経営で最も大切なのは安定した家賃収入を得ることです。家賃収入が少ないと賃貸経営を続けることが難しくなってしまいます。その家賃収入を考える上で重要となってくるのが入居率です。今回は、この入居率を上げる方法についてご紹介します。

□入居率の目安
賃貸経営をしていれば入居と退居が繰り返されるため、常に満室というのは難しいです。ただ、一定以上の入居率を保っておかないと、どうしても賃貸経営が苦しくなってしまいます。そのため、ここでは入居率の目安についてご紹介します。
入居率の目安としては、竣工から5年までは90%から100%の入居率を維持しておきましょう。その後の10年までは80%から90%、20年までは70%から80%の入居率を維持しておけば、一般的に利回りの確保が可能になると言われています。
この目安とされる入居率を実現するためには、長期間の空室を出さないことが重要です。退居者が出てから原状回復をする期間を考えると、その部屋に次の入居者が引っ越してくるまでに数週間ほどはかかります。また、新しい入居者を探す期間も必要であるため、数カ月は空室のままになることもあるでしょう。この空室期間が半年以上になると、全体の入居率が目安より下がってくる可能性があります。さらにそのような空室が数カ所出てしまうと、年間の収支にも大きく影響してしまうので注意が必要です。

□入居率を上げる方法
先ほどは入居率の目安についてご紹介しました。ここでは、その入居率を上げるための方法についてご紹介します。
まず、入居率を上げるためには入居者のニーズを把握しておくことが大切です。立地や家賃ももちろん重要ではありますが、お部屋探しをする際の条件はそれだけではありません。
例えば、近年はインターネット設備は欠かせないものとなっています。このような、時代やニーズに合った設備の導入も空室対策につながります。また、間取りに関しては一般的に独立したトイレやお風呂、洗面台が好まれる傾向があります。これらの入居者のニーズを取り入れておくことで入居率の向上が期待できます。
次に、室内や建物周りを美しく保っておくことも重要です。入居希望者はほとんどの場合、物件の下見や内見をしますよね。その際に共用のゴミ箱が手入れされていなかったり、水回りが汚かったりすると印象が悪くなってしまうでしょう。
特に1階の部屋は、窓から建物周りが見える場合も多いでしょう。1階は空室になると次の入居者を見つけるのが比較的難しい部屋なので、印象をよくすることがとても大切なのです。そのため、入居率を上げるためには、室内と建物周りの日々の手入れを丁寧に行いましょう。

□まとめ
今回は賃貸経営をされているオーナー様に向けて、入居率を上げる方法についてご紹介しました。入居率を上げたい方は今回ご紹介した内容をぜひ参考にしてみてくださいね。また、当社では入居率を上げるためのサポートをいたします。入居率でお悩みのオーナー様は、ぜひお気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>