賃貸経営に必要な視点!差別化について詳しく解説します

ビジネスで利益を得ようと考えると差別化は重要な視点となってきます。そしてこれは賃貸経営においても同様で、差別化は重要です。また、安定した入居率を維持するためにも、差別化についてしっかりと考えておく必要があります。そこで今回は、物件の差別化について詳しく解説します。

□物件を差別化する上で考慮すべきポイント
まず、ある程度のマーケットが見込めることです。差別化を行う場合、ある程度のマーケットが見込めるターゲットに向けた物件にする必要があります。例えば、高齢者向けや女性向け、ペットを飼っている人向けといったような物件です。これらは釧路でもニーズがあるため、差別化した上で一定の入居者を集められます。
一方ニッチなターゲットに絞り込んでしまうと、入居者が集まりにくい傾向があります。例えば、大学が近くにないのに学生向けという差別化をしても、学生は集まりません。そのため、マーケットがある程度見込めるかどうかを考慮しましょう。
次に、ある程度の参入障壁が存在することを考慮しましょう。誰でも簡単にできるようなものであると、効果的な差別化にはなりにくい傾向があります。最初は差別化ができていても、すぐに競合物件に真似をされて類似物件になってしまうからです。
例えば、ペット可物件にする場合は、犬だけじゃなく猫も可にしたり、1匹だけではなく2匹まで可にしたりすることでより効果的な差別化となります。このように、差別化で高い効果を出したい場合は、他の物件が簡単に真似できないような工夫を凝らすことをおすすめします。

□物件を差別化するためのアイデア
先ほどは効果的な差別化をするために考慮すべき点をご紹介しました。ここでは物件を差別化するための具体的なアイデアをいくつかご紹介します。
まず、ダブルゼロ物件にすることが挙げられます。ダブルゼロ物件とは、敷金と仲介手数料を0円にした物件のことを指します。入居者の初期費用の負担を減らせるので、入居希望者に喜ばれる傾向にあります。
次にカスタマイズ賃貸にすることが挙げられます。カスタマイズ賃貸には、ある程度の選択肢の中から入居者に好みの内装を選んでもらい、入居するまでにカスタマイズしておくものと、入居後に入居者が自由にリフォームやリノベーションするものとがあります。前者はオーナー様がカスタマイズ費を負担し、後者は入居者がリフォーム費を負担します。
他にも、内装にアクセントクロスや北欧風照明器具を使うなど、デザインによる差別化もアイデアのひとつです。これらのアイデアを試すことで、地域の競合物件と差別化できる可能性があります。入居率を上げたいという方は、これらのアイデアの導入を検討してみてはいかがでしょうか。

□まとめ
今回は、賃貸経営に必要な視点である差別化について解説しました。効果的な差別化ができれば、地域で安定した入居率を維持できます。当社では、今回ご紹介した以外にも「ゼロ円賃隊ゼロボくん」という入居時初期費用・退去時費用0円という商品があります。安定した入居率を維持したいというオーナー様は、ぜひお気軽に当社までご連絡ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>