賃貸オーナーの方必見!効果的な空室対策について解説します

賃貸経営をしていく上で多い悩みは、空室が出ることです。空室が長期間にわたり出てしまうと、収入が減ってしまいます。また、空室対策に費用を投入しても空室が埋まらない場合は、その分も損失になってしまいますよね。そこで今回は効果的な空室対策についてご紹介します。

□具体的な空室対策
効果の出やすい空室対策がいくつか存在するため、ここではその具体的な内容についてご紹介します。

*ターゲットの見直し
日本には数多くの物件が存在します。釧路のエリアでも数多くの賃貸住宅が空室となっており、入居者募集をしています。そのため、その他と似たような物件では差別化ができず、入居希望者が集まりにくくなってしまいます。
ただ、ターゲットの見直しをすることで差別化できる可能性があります。例えばペットを飼っている人や女性、高齢者といったようにターゲットを絞ることで、目指すべき物件像が明確になります。
そして、ターゲットに合わせた物件にすることで、周囲の物件との差別化も図れるでしょう。反対に、ターゲットを絞りすぎている場合は、一般に向けた要素も取り入れることで、入居者の増加が期待できます。

*入居者の費用負担を減らす
こちらの方法は効果が出やすいですが、賃料や更新料などを下げると収入も減少してしまいます。そのため、他の空室対策を試してみてから実施したいところですね。
費用負担を減らす際のポイントとしては、周辺物件をリサーチしておくことが挙げられます。ただ闇雲に賃料を下げるのではなく、周辺物件に合わせた適正価格にすることでオーナー様の負担を減らしながら集客できます。

*内見を増やす
物件選びをする際は、ほとんどの方は内見をしてから最終決定を下します。そのため、内見希望者を増やすことは空き室対策として非常に有効です。
近年はインターネットでの物件探しが主流となっています。つまり、物件サイトに掲載されている情報や写真が内見をするかどうかの判断材料になっていると言えます。そのため、掲載されている写真が分かりにくくないか、古い情報が掲載されていないかといったことを確認しておきましょう。

□地域によって空室対策は変化する
先ほどは効果的な空室対策の例をご紹介しましたが、効果的な対策は地域によっても変わってきます。理由としては、地域によって求められている価格帯や物件の広さが異なるからです。
そのため、地域のニーズの下調べは重要です。例えば周辺にどのような物件が多いのか、周辺にはどのような人が多く住んでいるのかといったことを把握しておきましょう。
そこで得た情報から、所有している物件の強みと弱みを考えます。そして、ここで見つかった弱みを改善できるような空室対策があれば積極的に実施していきましょう。また、人気のある周辺物件の情報を調べることで、宣伝方法や物件写真の撮り方を参考にできます。このように数多くのメリットがあるため、地域のニーズの下調べは入念にしておくことをおすすめします。

□まとめ
今回は効果的な空室対策についてご紹介しました。空室対策で効果を上げるためには、地域のニーズを把握しておくことが大切です。そして、当社ではさまざまなお悩みを抱えたオーナー様をサポートしております。空室対策でお悩みのオーナー様はぜひ当社までお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>