賃貸の壁に穴が空いたらどうする?専門家が解説します!

急に訪れる、賃貸物件での壁の穴トラブル。・壁に穴を空けてしまったらどうすれば良いか・キレイな壁を保つために注意するポイント上記について、専門家がお話します。壁に穴が空いて困っている人、今後不安な人はぜひ参考にしてください。

□賃貸物件の壁に穴を空けてしまったときの対処法は?
日常生活の中で、故意または過失により部屋の壁に穴を空けてしまった場合。穴のサイズによって対処法や補償面が変わってきます。

*画鋲サイズの穴の場合
「壁の穴=居住者負担」という印象があるかもしれませんが、この場合は例外となる可能性があります。壁に画鋲やピンで穴を空けることは、日常生活での想定範囲内。国土交通省のガイドライン内に、修繕費は賃貸人(大家さん)が負担するとの記載がされているのです。とはいえ、ガイドラインはあくまでも一般的な目安であり、最終判断は大家さんです。賃貸契約書に画鋲の禁止が記載されている物件もあるので、契約書を確認しましょう。すでに穴を空けてしまった場合、さほど目立つ穴ではないのならすぐに対処する必要はありません。

*釘やねじサイズの穴の場合
釘やねじで部屋の壁に穴を空けた場合、修繕費は原則入居者負担となります。特に、壁紙後ろの「石膏ボード」まで穴が貫通している場合には費用が高くつく可能性も考えられます。市販品に石膏ボード用のパテがありますが、むやみにご自身で修繕すると穴が悪化することもあり危険です。自己判断で修繕するのはやめておきましょう。

*こぶしサイズの穴の場合
例えば子供のケンカなどでによる不注意により、壁にこぶしサイズの穴が空いてしまった場合。こちらも、修繕費用は原則入居者の負担となってしまいます。最悪の場合には、石膏ボードごと入れ替える作業が必要となってしまうかもしれません。
釘やねじサイズの穴よりも割高な修繕費となってしまうことは免れないでしょう。大きな穴があると見るたびに落ち込みますし、来客もびっくりです。ポスターやマスキングテープなどで、見えないように一旦隠しておきましょう。

□賃貸物件で穴のないキレイな壁を保つために
穴や汚れひとつない、キレイな壁を維持するためのポイントをご紹介します。
1つ目は、まめに掃除をすることです。日々の掃除をぬかりなく行うことで、きれいな壁を維持できます。特にキッチンの壁は非常に汚れやすいため、事前に汚れ防止シートを貼っておけば普段の手入れがラクになりますよ。それでも防げない油汚れや、たばこのヤニ汚れには”重曹スプレー”がおすすめです。重曹と水を混ぜて霧吹き容器に入れ、吹きかけたあと拭き取ってください。
2つ目は、冷蔵庫の排熱に注意することです。冷蔵庫の背面が壁にくっついていると、排熱で壁が黒ずむことがあります。壁から少し離して設置しましょう。
最後は、カビが生えないように対策することです。湿気が高いと、カビの温床となってしまいます。壁がカビてしまわないよう、除湿剤を置いておきましょう。特に、お風呂や洗面所など水気の多い場所は要注意です。

□まとめ
今回は、賃貸物件の壁の穴についてお話しました。壁の穴や汚れについてお悩みの方の参考になれば幸いです。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>