トラブルを防ごう!賃貸のゴミ出しのマナーとは?

賃貸物件でのゴミ出しマナー、あなたはどれだけ知っていますか。物件により細かいルールはあるものの、枠は共通しています。正しいマナーを知って今後のゴミ出しに活かしましょう。

□賃貸物件での基本的なゴミ出しマナーは?
知っておくべきポイントはずばり3点です。

*ゴミの分別
ゴミは、必ず種類ごとに分けて捨てましょう。明らかに分別ができていないものは回収されず、プライバシーの問題で第三者が開封することもできないため放置されてしまいます。共用部を衛生的に保つためにも、分別は必ず行いましょう。
1.可燃ゴミと不燃ゴミは必ず分ける例えばスプレー缶を可燃ゴミに入れると、爆発の原因になってしまうこともあり大変危険です。
2.粗大ゴミや資源ゴミはルールを要確認まず、管轄が自治体経由か専門業者かを確認しましょう。粗大ゴミはそのまま大型ゴミとして出せない場合も多く、有料かつ事前申請が必要なこともあります。また資源ゴミに関しては、リサイクルの観点からもルールをよく知っておかなければなりません。中には、ダンボールを縛る紐の素材まで指定されている自治体も存在します。

*ゴミ出しの場所
賃貸物件の多くは敷地内の共用スペースにゴミ置き場がありますが、中にはゴミ出しの場所が敷地外に指定されている物件もあります。そのような場合は、周囲の環境に合わせてゴミ出しするのを忘れずに。また、自分のアパートのゴミ収集が終わったからといって指定外の場所へ捨てに行ってはいけません。軽い気持ちのつもりが、不法侵入でおおごとになってしまう可能性もあります。

*ゴミ出しの時間24時間可能とされていない限り、ゴミ出しには捨ててもよい時間が決められています。前日のうちに出すのは禁止であったり、長期連休中はゴミ収集がないため禁止されていたりするので注意しましょう。

□賃貸でゴミ出しをするときの注意点
ゴミ出しの際には、他にも注意すべき点があります。ちょっとしたことですが、いずれもトラブルを引き起こしかねません。

*個人情報の取り扱いに注意!
あなたにとってはゴミでも、誰かがそれを狙っているかもしれません。住所や名前など、個人情報が載ったものは特に注意が必要です。塗りつぶしたり、シュレッダーをかけたりしてから捨てるようにしましょう。

*ゴミからの臭いに注意!
ゴミが臭いのはある程度仕方がありませんが、他の住人に迷惑をかけないためにも配慮が必要です。・生ゴミの水切りは十分に行う(生ゴミは、収集日まで冷凍庫で凍らせておくと臭いの発生を抑えられます)・ゴミ袋の口はしっかりと結ぶ・ゴミ収集直前の時間を狙ってゴミ捨てをする
特に夏場は要注意です。臭いを最低限に抑えられるよう努めましょう。

□まとめ
今回は、賃貸でのゴミ出しにおけるマナーをご紹介しました。物件のルールを今一度確認し、マナーを守ってゴミ出しを行いましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>