エアコンが故障した場合の対処法とは?賃貸にお住まいの方必見です!

賃貸住宅に備え付けのエアコンは、借主が勝手に修理をしてはいけないことになっています。借主の入居前から備え付けてあり、貸主に所有権があるからです。今回はエアコンが故障した時の対処方法について解説します。

□賃貸物件のエアコン故障はどうするべき?
*本当に故障しているのか確認する
まずは、「リモコンの電池が切れていないか」を確認しましょう。リモコンの電池がなんらかのきっかけで、しっかり入っていない、場合や電池切れになっている場合が考えられます。一度、リモコンの中やボタンを押して確認してみましょう。
電池切れではない場合は、ブレーカーやコンセントに異常がないかを確認します。
次に、エアコンのフィルターや室外機の状態を確認しましょう。エアコンのフィルターや送風ファンにほこりが溜まっているケースは多くあります。ほこりが溜まると風通りが悪くなり、エアコンが効きづらくなります。室外機では、周囲に物が多い場合や狭い空間に配置されていると、熱がこもってしまい、冷房が十分に冷えないこともあります。

*わからない場合は大家さんまたは管理会社に連絡する
エアコンの故障原因がわからないときは、まず大家さんか管理会社に連絡をします。その際にマンションやアパートでは、物件名や部屋番号、氏名などを伝えましょう。してはいけないことは、自分で修理業者を手配することです。
賃貸住宅では、貸主側がリースしているケース、あらかじめ修理業者を指定している、故障の保険に入っているといった場合があるからです。また、自分で手配した業者の修理費用が高くなるケースもあり、あとで大家さんや管理会社とトラブルになる可能性もあります。

□エアコンの修理費は誰が負担するの?
賃貸住宅のエアコン修理費は、原則として貸主側が負担します。しかし、すべての場合に当てはまるとは限りません。入居者の故意や過失によってエアコンが故障した場合は、入居者の費用負担となります。例えば、エアコンフィルターを一度も掃除しなかったケースなどです。リモコンの電池交換やフィルターの清掃は、入居者がしなければなりません。
まずは契約時の重要事項説明書を確認したり、賃貸借契約書では特約の部分をチェックしたりしておきましょう。

□まとめ
このように備え付けのエアコンが故障した場合の対処方法や注意点を説明しました。修理費等でトラブルにならないためには、入居前や契約時に書面をチェックしておきましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>