賃貸経営で重要な管理会社選びについて解説します!

管理会社は、賃貸経営をするオーナー様にとってパートナーとも言える存在です。入居者や建物の管理、トラブル対応をオーナー様に代わってするからこそ、信頼できる会社を選ぶことが賃貸経営の明暗を分けると言っても過言ではないでしょう。本記事では、管理会社の主な業務内容と、会社を選ぶ際のポイントをご紹介します。

□管理会社の業務内容とは
管理会社が請け負う業務は主に以下の2つです。1) 入居者の管理やトラブル対応2) 建物の維持管理やメンテナンス
尚、管理会社には、「入居者の募集や契約」といった仲介業務から管理業務までをワンストップで請け負う会社と、「集金代行や建物の修繕」といった入居後の管理業務だけを請け負う会社がありますが、本記事では前者を例に解説いたします。
まず1つ目の「入居者管理」は、入居者の募集から退去までの一連の業務を指し、この中に家賃の集金代行やトラブル対応が含まれます。例えば、水漏れや設備の不具合が生じた際は、入居者から管理会社に直接連絡が行き、管理会社が対応します。また、家賃滞納が発生した際には、管理会社が対策を講じたり滞納保証をしたりと、オーナー様にとってはリスクヘッジにも繋がるでしょう。
2つ目の「建物の管理やメンテナンス」は、定期的なパトロールによる建物の維持管理や補修、退去後の清掃や修繕を指します。これにより、例えば共用部分に入居者の私物が散乱している、階段の蛍光灯が切れたままになっている、といったことを防止できます。上記以外のサービスや細かな取り決め、費用負担については個別に管理会社へ問い合わせましょう。

□管理会社選びにおいて重要なこと
ご自身のパートナーとして管理業務を任せるからには、以下に挙げられるような「オーナー様のニーズに寄り添うサービスを提供しているか」が最も重要なポイントです。
1つ目は「営業力が高い」ことです。管理業務は入居者を募集するところからスタートします。自社ネットワークが強かったり、インターネット上を含む営業力が高かったりする会社を選ぶことは集客力のアップに繋がり、空室率を下げられます。
2つ目は「トラブル対応の早さと対策が万全」であることです。トラブルが発生すると、その対応次第では入居者が退去してしまう可能性があります。何より、レスポンスの早さや対応の早さは顧客満足度に直結します。より良い賃貸経営を目指すためにも、知識や経験が豊富でトラブルへの対応力が強い管理会社を選ぶようにしましょう。

□まとめ
賃貸経営をする上で、管理会社選びは非常に重要です。信頼できる会社を選び、安心して賃貸経営に臨みましょう。当社では、入居者募集から一連の業務をワンストップで請け負うのみならず、豊富な経験を活かしてオーナー様が安心して賃貸経営ができるサービスを提供しております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>