管理会社が騒音問題で果たす役割をオーナー様に向けて紹介します!

アパートやマンションなどの集合住宅の経営で、気がかりなのが「騒音」によるトラブルです。生活するうえで発生しやすく個人の感覚の差もあるので、入居者様とオーナー様の間だけでは解決しづらいです。騒音トラブルになる原因と解決法、管理会社が介入するメリットをご紹介します。

□騒音トラブル発生時の対処法
集合住宅での騒音トラブルとは、出した音が下階や隣の部屋の入居者様にとって不快になることです。必要以上の大声や床・壁を叩いて音を出すのは論外ですが、ドアの開閉や歩く音、洗濯機など生活するうえで欠かせないものもしばしば問題になります。しかしその頻度に比べ、解決に非常に手間がかかるのが騒音トラブルです。
1 )聞き取り
2)証拠集め
3)入居者様全体への注意喚起
4)該当の入居者様への個別注意

まず、被害を受けている入居者様から聞き取りをしっかり行わなければいけません。「うるさい」の基準は個人により異なり、必ずしも「騒音」ではない場合もあるからです。
そのうえで、「何月何日に」「何時ごろからどのくらいの間」「どこから」「どんな感じの音が」「どのくらいの音量で」発生したか証拠を集めます。申し出た入居者様だけでなく周辺にも協力してもらい、記録や録音など物的に立証する必要があります。そういった手順を踏み騒音の発生源を確実にしたうえで、はじめて該当箇所の入居者様に対策を練るよう申し出ます。
とはいえ、最初から個別に注意するのもまれです。掲示板やチラシなどで全体的に呼びかけた後、改善しなければ直接連絡を取ります。限度を超える場合は民事訴訟も視野に入れなければなりません。

□解決しない場合の強い味方が管理会社
先述したとおり、騒音トラブルは解決にとても手間取ります。「騒音」が個人の感覚によるうえ手順も多く煩雑です。
上手く対応しないと退去で賃料が減ったり、賠償や訴訟費用がかかったりと経営にも影響します。そんな事態に陥る前に物件を管理会社へ委託すると、証拠集めから注意喚起まで全て主導でやってもらうことが可能です。さらに、管理会社の社員は法や不動産についての知識が豊富で、また同様の騒音トラブルのケースを解決した経験もあります。被害者側も加害者側、オーナー様にとっても円満に解決する糸口が見つかるでしょう。

□まとめ
不動産経営でのトラブルのなかで、「騒音」は特に起こりやすくあらかじめ対策する必要があります。弊社ユタカコーポレーションは地域密着型の企業としてノウハウが豊富だと自負しております。ぜひご相談いただき、安心してアパート・マンション経営を続けましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>