空室の多い物件を所有されてるオーナー様必見!空室対策について解説します!

不動産賃貸経営をするオーナー様が最も気にすることは、所有物件の空室率ではないでしょうか。当然ながら空室であればその分の収入はありませんし、空室が目立てば物件のブランド価値も低下しかねません。本記事では、満室経営を目指すために、オーナー様ご自身がすぐに取り組める空室対策をご紹介いたします。

□空室が多い物件はズバリこんな物件
空室が多い物件は言い換えれば、「入居者が長く住まない」「入居者がなかなか決まらない」物件です。まずは空室が多い物件の特徴を確認しましょう。
1) 管理が行き届いていない
2) 営業力が弱い
3) 入居者のニーズと合致していない
1つ目の「管理不足」は入居者のマインドに悪影響を及ぼします。例えば、「共用部分が常に汚れている」「設備不具合の連絡をしても対応が遅い」「駐輪場に自転車が雑然と置かれている」場合、長く住みたくないと思うのは自然なことです。
2つ目の「営業力不足」は、主に募集の掛け方に問題があります。入居者募集を1つの不動産会社にしか任せていなかったり、不動産ポータルサイトへの掲載が限定的であったり、掲載写真が少なかったりしている場合は大幅な機会損失とも言えるでしょう。
3つ目の「ニーズとの不一致」は、新たな入居者を探す上で、大きな隔たりとなってしまいます。周辺の競合となり得る物件と比較した際に、「賃料設定が高い」「設備面で劣る」場合は、たとえ賃貸需要があったとしても成約は難しいと言えます。

□空室を無くし、満室経営を目指す方法
では、空室を無くすために、どんなことができるでしょうか。1つ目は、共用部分の管理や清掃を徹底し、物件全体に清潔感をもたせることです。そして内見時の印象を良くするための工夫をすることをおすすめします。例えば、「照明器具をLED照明に変更して部屋全体に明るい印象をもたせる」というように、あまりお金をかけなくてもできることは多々あります。
2つ目は、募集条件の見直しです。賃料は周辺相場と比較し、明らかに高い場合は下げる必要がありますが、むやみに下げないよう注意しましょう。また、長い目で見れば、1、2ヶ月のフリーレント期間を設けることもメリットがあると言えます。
3つ目は、設備やサービスの見直しです。周辺の競合物件と比較して劣るものは見直し、「あったら入居の促進になり得るもの」は、導入を検討してみましょう。

□まとめ
オーナー様を悩ませる空室問題。高額な費用をかけなくても、オーナー様ご自身が入居者目線となって物件を見直すことで、改善できるポイントはたくさんあります。対策を打つのは、早いに越したことはありません。これを機に、所有物件の管理状況や募集条件、設備などを見直してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>