空室を埋める方法とは?効果的な空室対策についてご紹介します!

人口減少が進む中、住宅の過剰供給により上昇する空室率。空室問題は、賃貸経営をする全てのオーナー様にとって身近な問題であると言えるでしょう。仮に今が満室であっても、有効な対策を怠れば、いつ長期空室が発生してもおかしくありません。本記事では、空室対策の重要性に加えて、費用かけずにできる対策をご紹介します。

□借り手有利の時代において空室対策は必須!
近年の賃貸市場は「借り手有利」の状態が続いています。主な原因は、「人口減少による需要減少」と「賃貸住宅の過剰供給」です。特筆すべきは、この空室率は人口減少が顕著な地方のみならず、都市部でも同様に上昇している点でしょう。人口が横ばい、もしくは上昇している都市部においても、新築物件の増加によって多くの物件で空室が発生しているのです。
また、賃貸住宅を選ぶ際にインターネットで情報収集をしてから不動産会社に問い合わせて内見をする、という人が多い時代になりました。つまりインターネット上での情報の見せ方、募集の仕方も空室率に影響を及ぼすのです。立地や部屋の設備さえ良ければ万全というわけではなく、ソフト面を含めた空室対策が必須と言えるでしょう。

□費用をかけずにできる空室対策とは
空室対策と一言で言っても、できることは様々です。また、大規模修繕やリフォームのように多額の資金が必要となるものから、費用をかけずにできるものまで、あらゆる対策があります。今回は、費用をかけずにすぐにでも実践できる対策例をご紹介します。
1つ目は、インターネット上の情報の充実を図ることです。例えば、複数の不動産会社に仲介を依頼することで露出機会を増やしたり、写真の枚数や見え方を見直したり、設備や周辺環境の詳細な情報を掲載したりすることで、より多くの人の目に留まるようになります。居室内の動画やVRコンテンツの制作も効果的でしょう。
2つ目は、募集条件の見直しです。これは単に賃料を指すのではなく、保証会社を利用することで連帯保証人を不要としたり、ペット飼育可や外国籍可としたりするなど、募集ターゲットを増やすことを含みます。
3つ目は、共用部分を含めた物件の清掃を徹底し、内見時の第一印象を良くすることです。居室内の照明をLEDにし、ウェルカムボードを設置するだけでも印象が変わります。
さらに効果的な空室対策を望む場合は、不動産管理のプロである管理会社に任せることをおすすめします。当社では、空室対策を含め、オーナー様の賃貸経営をしっかりとサポートする体制が整っております。ぜひお気軽にお問い合わせください。

□まとめ
借り手有利の時代において、空室対策は全ての物件で必須と言えます。しかし、その対策には必ずしも費用をかける必要はありません。特にソフト面の対策は、費用をかけずにできることが多くあります。まずは、インターネット上の情報、募集条件、物件の印象について、オーナー様ご自身で見直してみてはいかがでしょうか。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>