賃貸でフローリングに傷がついたらどうする?対処法を解説します!

賃貸マンションやアパートのフローリングにうっかりつけてしまった傷やへこみが心配な方はいらっしゃいませんか。モノを落としたり、液体のものをこぼしたり、ペットのひっかき傷がついてしまうなど、様々な原因がありますよね。今回は、このようなケースでどのように対応し、誰が費用を負担するかについて解説します。

□フローリングに傷がついた場合の対処法とは

*目立たない傷ならセーフ?
フローリングの傷については、国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」を参考に判断します。例えば、借り主が飲み物をこぼしたなど、注意していれば防げたものに関しては、借り主負担となる可能性が高いでしょう。しかし、目立たない軽微な傷であれば、自然損耗として修繕費などを請求されることは少ないでしょう。

*修繕費用が必要な場合は、退去時の敷金から引かれる?
フローリングに大きめの傷があるときは、管理人が個人の大家さんである場合、補修費用がかかることがあります。その理由は、もともと敷金がない物件が多くあるためです。管理会社では、補修費用を敷金から差し引かれるケースがほとんどです。
しかし、軽微で簡単に修繕できるところは、傷が大きくならないうちに大家さんか管理会社に連絡しましょう。一方、軽微な傷なのに全面張り替えを請求をされた場合には、専門家に相談することをおすすめします。

□フローリングの傷を予防する方法をご紹介
ここからは、場所別にフローリングの傷の予防方法をご紹介します。
1つ目は、テーブルや椅子の脚です。テーブルや椅子には、椅子脚カバーや粘着フェルトが活躍します。椅子脚カバーでは、引きずっても傷がつきません。シリコンタイプもあり、柔らかく広がるので装着しやすいメリットもあります。
粘着フェルトは、イスを引く際のイヤな音や傷を防ぎます。
2つ目は、キャスター付き椅子です。移動は便利ですが、フローリング上に直接使用すると傷がつくことも多くあります。チェアマットやキャスター用受け皿、傷防止用のマットを使用することで、フローリングを保護できます。透明チェアマットは、防水素材でお手入れもしやすく、移動がスムーズです。
3つ目は、ペットのいる場所です。床の上にフローリングマットを敷くことで、傷防止や足音を吸収できます。クッション材やコルク材、カーペットタイプは足腰に優しく、すべりにくいメリットがあります。

□まとめ
賃貸でフローリングに傷がついた場合やその予防策について解説しました。日頃からフローリングを大切に使用し、定期的に状態を確認することが大切です。また、状況に応じて大家さんや管理会社に相談しましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>