賃貸で害虫トラブルに困ったら!解決策を紹介!

賃貸物件に住んでいると、ゴキブリやハチ、アリ、ムカデ、ワラジムシなどの害虫に遭遇することがあります。北海道の気候は比較的涼しいため、ゴキブリは発生しにくい環境ではありますが、万が一害虫が発生すると平穏で快適な生活は送れませんよね。そこで今回は、賃貸で害虫トラブルが発生した際の解決策をご紹介します。

□賃貸で害虫が発生した際の解決策とは
まずは、害虫の侵入経路をふさぐことがポイントです。数ミリのわずかな隙間や破れた網戸からも侵入することがあります。
害虫の侵入経路とは、窓、換気扇、排水口・排水溝、エアコンの開口部、エアコン室外機のドレンホースなどです。侵入経路をふさいでいない場合は、駆除後も新たな害虫が侵入してくる可能性が高くなります。
次に、部屋の中の害虫をすべて駆除するのもポイントです。有効成分が隅々まで行き渡るくん煙剤・くん蒸剤が効果的とされています。使用する際は、部屋にある衣類や家電をビニールシートや新聞紙でカバーし、ペットは部屋の外に出しておきましょう。
害虫の侵入を予防するためには、虫よけスプレーを使用しましょう。スプレーを害虫が侵入してくる場所に事前に吹き付けておきます。効果がずっと続くわけではないので、散布は定期的に行いましょう。また、害虫を捕獲するトラップや置き型の駆除剤も効果が期待できます。

□害虫駆除の費用は誰が負担するのか?
*場合によっては管理会社が負担をする
賃貸物件の経年劣化や水回りの老朽化による原因で害虫が発生した場合には、管理会社が費用を負担する可能性が高いです。一方、入居者の過失で害虫が発生してしまった場合には、入居者が負担することになります。

*居住者は虫の発生を予防する義務がある?
賃貸物件の賃借人には善管注意義務があり、入居中の設備や建具などについて、社会通念上要求される程度の注意を払って建物を使用しなければなりません。つまり、賃借人が管理を怠ったことや不注意で害虫が発生した場合は、賃借人が駆除費用を負担します。
ゴミの放置などにより、害虫が多く発生したような事案があった場合には、善管注意義務違反となります。

□まとめ
賃貸物件の害虫トラブルやその予防策、解決策までを解説しました。入居者の不注意で害虫を大量発生させると、隣人などにも迷惑がかかる可能性が十分あります。入居者の皆さんは、日頃から衛生面に注意しながら、予防方法も覚えておく必要があるでしょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>