アパートのオーナー様必見!賃貸管理会社選びのポイントについて解説します!

賃貸経営の管理業務は、一般的に管理会社に委託します。住人が快適に暮らすためには、管理会社のサポートが不可欠でしょう。しかし「管理依託費はどのくらいかかるの」「良い管理会社の見極め方は」などと疑問に思う方も多いのではないでしょうか。今回は、経営のポイントや管理会社の選び方について解説します。

□アパートを経営していく上でのポイント
*需要がある立地であること
賃貸経営では、空室がなく安定した家賃収入を得ることが大切です。そのためには、需要のある立地が重要となります。安全性(治安)、交通アクセスや近隣施設の利便性などの条件がそろっていることがポイントです。

*借入金を少なくする
借入金が多ければ、それだけ返済する額も大きくなるので、利益を減らしてしまうことになります。

*賃貸経営に必要なお金の理解
表面利回り、実質利回り、修繕費、減価償却費、租税公課、収入・支出など、経営に関連する知識について理解しておくことが重要です。

□賃貸管理会社選びのポイント
管理会社選びには、どのような点に注目すべきでしょうか。ここでは、4つのポイントをご紹介します。
1つ目は、入居率です。管理会社を選ぶ際に注目すべき点は、空室率や入居率の程度です。入居率が高いと管理会社の信頼性も高く、継続した家賃収入を得られる可能性が高いでしょう。
2つ目は、滞納率です。賃貸経営で悩ますのが家賃の滞納問題でしょう。滞納が多い物件であれば、賃貸経営に大きな影響を及ぼします。家賃滞納があった場合、適切に対応をしていただける管理会社を選びましょう。
3つ目は、修繕やトラブルに迅速対応できるかです。賃貸物件は集合住宅が中心となっており、トラブルが多く発生します。よくある生活騒音や水漏れのトラブルまで、迅速に対応できるスタッフがいる管理会社を選びましょう。
4つ目は、大手か地域密着型かを考えることです。CMで有名で大手賃貸管理会社では、認知度が高く、賃貸物件が埋まりやすい傾向にあるので、空室率が低いといったメリットがあります。一般的には、管理戸数が多いことは、オーナーに信頼されているということです。
一方で管理会社の担当者の移動、変更が多くなる可能性もあります。また、トラブル発生時には、本部から各部署の引き継ぎになるケースも多く、迅速な対応が期待できないことも考えられます。地元密着型では地元の立地に詳しく、臨機応変な対応が期待できます。

□まとめ
このように賃貸経営のポイントから管理会社選びまでを解説しました。空室をなくし、安定した家賃収入を得るためには、コストパフォーマンスを考え、入念なリサーチが必要です。管理会社選びについては、事前に柔軟な対応ができる会社なのか比較検討しながら決めましょう。当社でも賃貸経営のサポートを行っておりますので、お気軽にご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>