賃貸管理を自分でやるのは難しい?自主管理について解説します!

マンションやアパートの管理業務は、入居者募集から建物対応など多岐にわたります。また、専門的な知識も必要であるため、多くの場合は管理会社に「管理委託契約」として依頼します。しかし、管理費用のコスト改善を目的として「自主管理」という管理方式もあります。今回は自主管理の管理方法について解説します。

□そもそも「自主管理」とは?
賃貸経営の場合は、大家さんなどが管理業務を自分で行うことを指します。しかし、管理業務は幅広く、専門的な知識が必要となり、管理会社に委託するケースが多くなっています。

*管理業務の内容
主な管理業務を3つご紹介します。
1つ目は、入居募集業務です。入居の募集から契約締結までを行います。管理会社では、不動産情報の掲載サイトなどを活用できますが、自主管理では、何もない状態からのスタートになります。
2つ目は、契約更新や解約、苦情対応です。契約更新や解約などの手続き関係も管理業務のひとつです。契約書の作成には、法的知識が必要です。また、生活騒音などの苦情報告にも自ら対応することになります。
3つ目は、不動産管理です。水漏れや設備に関する不具合や故障があれば業者を手配します。他にも、外壁塗装やクリーニングなど、建物の維持、管理、修繕などを行います。

*自主管理のメリット
大きなメリットとして、コストを抑えられる点があげられます。毎月支払う管理委託の手数料がかからないので、利回りが高くなります。また、大家さんは、賃貸経営のスキルが身につきます。日頃からあらゆる箇所を点検することで、物件の状況を細かく把握できます。

□管理委託がおすすめな理由
管理委託がおすすめな理由を2つ紹介します。
1つ目は、豊富な専門的知識があるからです。豊富な知識や経験、ノウハウがあるので、賃貸物件を適切に維持・管理できるといったメリットがあります。よって、時間や精神的な負担が軽減され、賃貸経営をスムーズに行えるでしょう。一方、自主管理では、自分ですべて対応するのが難しいと考えられます。
2つ目は、提案力があるからです。今後の課題や問題点などを改善でき、柔軟な対応が期待できます。例えば、空室率の問題や家賃滞納があった場合など、早期に解決や改善点が提案されるでしょう。

□まとめ
本記事は、自主管理についての特徴や業務内容、管理委託との比較について解説しました。それぞれメリットとデメリットはありますが、中には管理業務の一部を委託する方式を採用している管理会社もあります。それぞれ状況に応じて検討していきましょう。賃貸経営についてお困りの点がありましたら、ぜひ当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>