空室が埋まらない理由とは?賃貸オーナー様に向けて解説します!

賃貸経営で空室が埋まらないことがあります。「空室の対策がわからない」「空室の原因がわからない」など、空室に悩まれている方は多いのではないでしょうか。空室が埋まらない理由はどこにあるのでしょうか。また、継続的に家賃収入を得るには、どのような対策が必要なのでしょうか。不動産の専門家が詳しく解説します。

□空室が埋まらない際に確認しておきたい項目
空室が埋まらない際は、5つの項目をチェックしましょう。
1つ目は、立地条件です。やはり立地は、入居率を左右する重要な要素です。騒音や治安などの周りの環境、交通の便(物件から駅までの距離、坂道の有無、医療施設、商業施設までの距離)など、利便性がとても重要となります。
2つ目は、物件の情報が認知されているかです。仲介を依頼している不動産業者のホームページや不動産ポータルサイトに掲載されているか確認しましょう。情報が出てこない場合は当然、入居する確率がひくくなります。
3つ目は、競合物件と比べて適切な条件であるかです。最寄り駅や建物の規模、広さなど、同じような物件で家賃が高めになっていないかどうかの確認が必要です。さらに、リノベーションやリフォームなどの差別化を図ることもひとつの方法です。
4つ目は、共用部分が清潔であるかです。廊下、階段、駐輪場などでゴミが散乱していると、内見時に印象が悪くなります。また、古いポストにチラシがたくさん入っている場合も、良い印象を与えられません。
5つ目は、募集条件が厳しくないかです。募集条件が厳しすぎると、空室が多くなる可能性があります。ペット可や連帯保証人不要など、ある程度の改善が求められます。

□管理会社選びの重要性
賃貸経営を成功させるためには、管理会社選びが重要になります。適切な管理がなされていない物件は、空室も多く、退去率も高くなってしまうでしょう。管理会社を選ぶ際のポイントについて解説します。

*入居者募集に素早い対応
空室が発生しても素早く改善点や対策を考え、提案していただける管理会社であることが大切です。安心して管理業務を任せられるでしょう。

*地域の情報をよく知っている
その地域の情報や特徴を知っていると、賃貸管理がスムーズに行えるため、入居者からの不満も少なくなります。したがって、管理が行き届いていれば、集客力も自然と高くなります。

*家賃設定に工夫がある
家賃を下げて管理費や共益費を上げたり、敷金・礼金なしなど、入居者のニーズに合わせた提案をすることも重要です。空室率がまったく改善しない場合には、管理会社に原因があるのかもしれません。管理会社の対応が素早くなかったり、返答に遅れたり、空室に関する提案がなかったりなど、長期間つづくようであれば管理会社の変更も考えなければならないでしょう。

□まとめ
空室が埋まらない理由や管理会社選びの重要性について解説しました。長期間の空室が続けば、原因を特定するか、お早めに管理会社を変更することも検討しましょう。賃貸経営に関してお困りのことがありましたら、当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>