空室対策にリフォームは有効?!メリットとデメリットを詳しくご紹介します!

賃貸経営でオーナー様が悩まれることが多い「空室対策」。安定した収入を得るためには、物件の空室を減らすことが大切です。最近では早期入居者の獲得に向け、退去後にクリーニングを行ってからリフォームするケースもあります。今回の記事では、空室対策のリフォームの効果やメリットとデメリットを解説していきます。

□空室対策の具体的な方法とは?
空室対策とは、早期に入居していただくための対策や、長く入居していただくための対策を指します。具体的な方法を4つご紹介します。
1つ目は、しっかりと原状回復工事をすることです。入居希望者は、複数の物件を比較しています。内見時に外観のサビ、汚れ、破損やゴミの散乱、駐輪場の自転車の乱雑さを見られると、悪い印象が残ってしまいます。長期間の空室を避けるため、キッチン、トイレ、照明設備、壁紙やクロスなど、屋外は清掃、室内は原状回復工事をしっかりすることが好印象につながります。
2つ目は、内見時の事前準備をすることです。ウェルカムボードや袋に入った清潔なスリッパを用意する、新型コロナウイルス感染対策を実施していることなど、清潔感や衛生上の対策をしていることが好印象となります。また、玄関付近に周辺環境の情報や物件の魅力をしっかり伝えているPOPなどがあれば、契約の大きな判断材料となります。
3つ目は、内見時の資料やグッズを用意することです。物件資料や間取り、地図、メジャー、メモなど、内見時に使える便利なグッズを用意しておくと好印象を与えられます。また、ギフトカードやクオカードのプレゼントなども喜ばれます。
4つ目は、退去者を減らすことです。空室対策では、入居者の退去を減らすことも大切です。空室が発生すると、原状回復工事や入居者募集の広告など、さまざまな費用がかかります。普段から長期に渡って住んでいただくため、賃料相場のチェック、退去原因の特定、入居者のニーズに合わせた柔軟な対応が求められます。

□空室対策でリフォームするメリットとデメリット
*リフォームするメリット
1つ目のメリットは、物件自体の価値が上がることです。時代に適したスタイリッシュな物件などは、物件の価値も上がり、賃貸の条件を緩和することなく賃料アップが期待できます。
2つ目のメリットは、ライバル物件と差別化できることです。インターネット無料や宅配ボックスの設置、家具・家電つき賃貸への変更など、ライバル物件を意識しながら差別化を図るのもひとつの方法です。

*リフォームするデメリット
1つ目のデメリットは、費用が高額になることです。費用をかけても、空室のままでは赤字となります。ニーズに合わせながら費用対効果や改善箇所を考え、コストパフォーマンスに優れたリフォームを行うことで、成約率アップが期待できます。
2つ目のデメリットは、工事が長期間になると、家賃収入を得られないことです。工事にかかる時間が長くなればなるほど、その期間の家賃収入が得られなくなります。

□まとめ
空室対策の具体的な方法からリフォームのメリットとデメリットを解説しました。賃貸経営では、日頃から入居者のニーズに合わせた柔軟な対応やコストパフォーマンスを考慮したリフォームの検討が必要です。賃貸経営に関してお悩みのことがあれば、ぜひ当社までご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>