賃貸経営はどうすれば良い?具体的なやり方についてご紹介します!

賃貸経営では、長期的に安定的な収益が得られます。他にも、節税対策になるなどと、メリットが大きいでしょう。しかし、初めての方にとっては「専門知識が必要で難しい」など、不安に感じる方もいると思います。これからマンションやアパートなどを運営していくためには、どのような賃貸経営を行っていくのでしょうか。

□賃貸経営の準備の流れ
賃貸経営の準備の際は、次のような流れで行いましょう。
1つ目に、土地や物件をリサーチします。物件情報を扱うホームページや物件資料を見ながら現地調査も行います。利便性(通勤、通学)、安全性(治安)、周辺環境(スーパー、コンビニ、交番、公園、医療機関)、建築条件(日当たり、地盤)などをしっかりリサーチする必要があります。
2つ目に、収益性を考えます。投資資金の回収がスムーズに行えるように、収益を上げる物件を選ぶことが大切です。賃貸経営では、投資した金額に対して得られる収益割合の「利回り」がポイントです。
利回りには大きくわけて「表面利回り」と「実質利回り」があります。「表面利回り」とは、年間の家賃収入を物件購入価格で割った数値です。「実質利回り」とは、年間の家賃収入から諸経費・手数料を引き、投資金額(物件価格)で割ったものです。
3つ目に、分譲マンションの一室を収益物件として検討する場合には管理組合の機能を調査します。マンションの場合は、区分所有者によって組織された管理組合が主体となって管理を行っています。管理組合の機能や修繕積立金の蓄えなどをチェックします。
4つ目に、資金調達の手段を考えます。すべて自己資金で賄うのか、金融機関による融資を検討しなければなりません。一般的には、金融機関から融資を受けることがほとんどです。
5つ目に、管理会社を選びます。管理業務は、一般的に管理会社に委託します。管理会社選びは、後の賃貸経営に影響してきます。

□管理会社選びの失敗例
ここでは、管理会社選びの失敗例を4つ紹介します。
1つ目は、会社の知名度で選ぶことです。CMに登場する大手賃貸管理会社が必ずしも管理に優れているとは限りません。大手の特徴として、担当者の移動や変更も頻繁になる可能性が高くなります。
2つ目は、管理会社を比較せずに選ぶことです。一度も調査せずに知り合いの賃貸管理会社を選ぶケースもあります。調査や比較をせずに選んでしまうと、管理委託費が高めの管理会社を選んでしまっている可能性もあるでしょう。
3つ目は、空室のままになっていることです。管理会社選びで失敗すると空室増となり、空室が続いているのに一向に改善しないといったケースもあります。
4つ目は、空室に対する提案力がないことです。家賃の値下げを提案するだけで他にアドバイスはなく、常に受身のような対応であれば、管理会社に委託する意味がなくなってしまいます。

□まとめ
賃貸経営の準備や流れから管理会社選びまでを解説しました。賃貸経営では、事前のリサーチや準備をしっかり行うことが重要です。管理会社選びに失敗しないためには、目的を明確にし、提案力のある会社を選びましょう。当社は賃貸経営のサポートを行っていますので、ぜひご相談ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>