賃貸で隣人の騒音にお悩みの方へ!対策法をご紹介します!

賃貸物件で上の階や隣の部屋から大きな音が聞こえ、近隣同士でトラブルに発展することがあります。騒音といっても様々なケースがあり、放っておくと事態が深刻化する可能性もあります。ここでは、隣人の騒音に悩む方への対策法を解説します。

□賃貸における騒音の種類について
*人の移動の音
上階から大きな足音が聞こえてきたり、隣の部屋からの話し声が気になったりすることがあります。特に足音は、スリッパを履かずにかかとからバタバタと歩くと大きな音が鳴ります。また、子供の足音で下の階から苦情がくるといった騒音トラブルも多くなっています。

*人の生活音
テレビや楽器の音も、トラブルになりやすいです。大音量でテレビを見ている場合やピアノやギターなどの楽器の音漏れがうるさく、近隣に伝わるケースがあります。中には、楽器の演奏が禁止されている物件にもかかわらず知らずに演奏を続け、トラブルになることもあります。
また、ペットの鳴き声もトラブルになりやすい傾向があります。
さらに、ドアや窓、網戸の開閉をあえて大きな音を立てる方がいます。これらも継続して行うと、トラブルの原因となるので注意が必要です。

*家電製品などの音
特に早朝や夜の時間帯は寝ている人もいるため、洗濯機を回す音や掃除機の音が大きく苦情がくるケースがあります。トイレやお風呂などの排水音でも近隣に響く場合があります。いずれにしても、当事者の自覚がないことが多いのでトラブルになりやすいです。

□隣人の騒音への対処法について
入居後に騒音トラブルが発生した場合は、まず騒音の元となる場所を確認するようにしましょう。上階からの騒音なのか、斜め上の階なのか、騒音の元となる場所を確認します。もし間違って苦情を報告すると、後で不要なトラブルに発展することがあるからです。
騒音元がはっきりしたら、大家さんや管理会社に連絡します。直接住民に苦情を言いにいくのではなく、まずは必ず大家さんか管理会社へ連絡して相談してみましょう。このときにどこの住民からの苦情なのかわからないように配慮してもらいましょう。そして、大家さんや管理会社を通して注意喚起してもらいます。

□まとめ
ここでは、賃貸物件で起こる隣人の騒音についての対処法を解説しました。騒音問題は当事者同士ではなかなか解決することが難しいため、まずは必ず大家さんや管理会社に相談するようにしましょう。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>