不動産経営を管理会社に任せるメリットとは?詳しくご紹介します!

マンションやアパートの賃貸経営を行うには、管理会社に委託するケースが増えています。不動産に関する賃貸経営は、様々なノウハウが必要となり、賃貸に関する法律知識が前提となります。ここでは管理会社に委託すると、どのようなメリットがあるのかを解説します。

□そもそも管理会社とは?
賃貸の管理会社とは、アパートやマンションの管理を行う管理会社を指します。管理会社の賃貸管理業務は、多岐に渡ります。
・入居者募集、選定入居者募集から選定、契約締結まで、入居に関する一連の業務が含まれます。
・入居者トラブル・苦情入居者の騒音トラブルや隣人のマナーなど、苦情の対応を行います。
・建物の維持管理日常の清掃や各設備の保守点検、修繕などの維持管理を行います。
・事務管理家賃の集金、督促、保証会社への求償などの対応、入居者からの預り金管理などを行います。
・退去管理退去の受付・立会い、原状回復費用の請求・工事などを行います。

□管理会社と不動産仲介会社の違い
不動産仲介会社は宅地建物取引業者を指し、土地や建物を仲介する会社です。・自ら売買、交換・代理して売買、交換、貸借・媒介して売買、交換、貸借を業として行います。
具体的な業務内容は、不動産売買業、不動産仲介業、賃貸業などがあります。不動産仲介会社には、5人に1人は「宅地建物取引士」を置かなければなりません。
一方、管理会社は、管理業務に特化した会社です。賃貸管理と建物管理を行います。不動産屋が管理業務を兼業して行っているところもあります。

□管理会社に委託するメリット
マンションやアパートなどの賃貸管理業務を、管理会社に委託するケースが多くなっています。ここでは、管理会社に委託するメリットを解説します。
1つ目のメリットは、賃貸経営がスムーズに行えることです。専門知識のある管理会社に管理業務を委託するため、管理に特化したノウハウで効率的に適切な賃貸経営を実現することができます。
2つ目は、空室リスクにも対応できることです。入居者募集や選定などの客付けも行っていただけるため、経験を活かした集客が期待できます。
3つ目は、遠方の物件を所有することができることです。遠方の物件では、自主管理を行うことが難しくなります。管理委託をすれば、場所を問わず複数の物件を所有することができます。
管理委託は、管理手数料が発生します。管理業務全般を委託した場合の相場は、賃料の約5~6%程度とされています。部屋の家賃が高く、部屋数が多いほど、手数料の負担が大きくなります。

□まとめ
ここでは、管理会社について、不動産経営を管理会社に任せるメリットについて解説しました。管理会社のメリットは、それぞれの会社によって異なる場合があります。管理手数料をふまえ、いくつか比較しながら検討しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>