不動産経営をお考えの方へ!管理会社の選び方についてご紹介します!

マンションやアパートなどの賃貸経営の中で、大切な役割を担っている管理業務。管理会社に委託すると長い付き合いとなるため、管理会社選びが重要になります。ここでは、管理会社の選び方について詳しく解説します。

□ 管理会社は何をする会社なのか?
不動産賃貸の管理会社は、幅広い業務を行っています。大きく「賃貸管理」と「建物管理」に分けられます。

*賃貸管理の内容
入居者の募集入居者の募集には、複数の不動産業者に入居募集を依頼する「一般募集」や1社の不動産業者に入居募集を依頼する「専任募集」があります。
・賃貸借契約の手続き賃貸借契約や更新に関する一連の手続きを行います。
・入居者トラブル・苦情の対応入居者の騒音トラブルやゴミ出し、苦情の対応を行います。
・修繕の手配水漏れやドア、窓、風呂、あらゆる場所の修繕について、業者の手配を行います。
・家賃の回収・督促毎月の家賃に関する口座振込や引き落としを確認します。入金が確認できない場合に入居者へ督促を行います。
・退去管理退去の受付や立会い、敷金の精算などを行います。退去時の原状回復は、国土交通省が取りまとめた「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」に沿って行われます。

*建物管理の内容
・建物の維持管理建物は、日常的なメンテナンスが大切です。階段、エントランス、駐車場、駐輪場など、日常の清掃を行います。
・設備の維持管理消火器具、スプリンクラー、火災報知機、浄化槽、昇降機など、点検が義務化されている設備を中心に維持管理を行います。

□管理会社の選び方
管理業務の内容は理解できたとしても、どの管理会社が最適であるか迷うことがあります。管理会社の選び方として、以下の4つの判断基準を参考にしてみてください。
1つ目に、実績や集客力があるかを確認しましょう。空室のリスクを下げるには、管理会社の知名度や集客力も重要です。店舗数が多い業者であれば、集客力が期待できます。また、社歴が長く、実績のある管理会社であれば、費用対効果の高い広告戦略も熟知しており、安心して業務を任すことができます。
2つ目は、専属の担当者がいて、レスポンスが早いことです。問い合わせなどへのレスポンスが早いと、スムーズな賃貸経営を行うことができます。また、入居者からのクレームに素早く対応する会社であれば、退去率も低くなります。
3つ目に、その地域に詳しい会社であることが大切です。特定の地域で治安や特殊性を知っていれば、賃貸経営の失敗リスクが軽減されます。
4つ目は、管理費が相場とかけ離れていないことです。管理委託手数料は、一般的に「月額家賃×5〜6パーセント」とされています。管理会社によっては、手数料以外に更新手数料やシステム料を設定しているところもあります。

□まとめ
ここでは、管理会社の業務や管理会社の選び方について解説しました。信頼できる管理会社を選ぶには、実績やエリアに詳しいなど様々な角度から比較検討し、慎重に選ぶ必要があります。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>