和室は洋室に変えたほうが良い?空室対策にお悩みの方必見です!

古い物件には和室を中心としたお部屋が多くあります。しかし、畳のカビやダニが目立ち洋室に変えたいと思うことはないでしょうか?賃貸物件では洋室を好む入居者が増えています。ここでは、和室は洋室に変えるメリットなどを紹介します。

□和室を洋室に変えるメリット
*空室の改善が期待できる
和室の部屋は、空室が目立つ傾向にあります。特に若い世代にとっては、畳は敬遠されがちです。和室では、立地条件や設備が良くても空室が改善されないこともあり、洋室に変えることで入居率アップが期待できます。

*部屋の模様替えができる
洋室の場合はフローリングが中心となっており、好みのマットやフローリングシート、テーブルを置くことができるので、壁に穴をあけるなどを除き、自分好みな空間を演出することができます。

*掃除がスムーズにできる
フローリングではホコリやゴミが付着しにくく、カビの発生も抑えやすいです。畳は日頃の掃き掃除、拭き掃除だけでなく、定期的な天日干しなどが必要です。また、和室にカーペットを敷くと湿気もたまりやすくなるので、洋室にリフォームすることで、清潔な環境が期待できます。

*バリアフリーに対応できる
フローリングだと車椅子でもスムーズに通ることができるので、バリアフリーの観点からでもメリットとして挙げられます。

*原状回復時の費用が抑えられる
和室の場合、畳は傷みやすく、ふすま紙も汚れや傷みが目立ちます。そのため、原状回復工事が伴いやすいので費用負担があります。洋室であれば、このような費用を負担することがなくなります。

□和室をそのままにした空室対策
最近では、和室をそのままにした空室対策も徐々に増えつつあります。
例えば、和室はそのままにデザインリフォームを行うことで「和モダン」なオシャレな空間を演出することができます。部屋の照明にこだわり、オシャレな襖紙を使用することで、若い世代にも気に入っていたたける物件となるでしょう。
デザインリフォームとは、内装や家具、インテリアなど、デザイン力を活かしたリフォーム方法です。ライフスタイルに合わせて好みの住まい環境を実現できます。最近では、リフォームプランナーが細やかな提案を行っているところもあります。
「和モダン」とは、畳や障子、襖など自然に近い素材を使い、和家具を中心としたテイストを指します。代表的なのが「昭和レトロ」のようにノスタルジックな雰囲気を漂わせるイメージです。

□まとめ
ここでは、和室を洋室に変えるメリットや、和室をそのままにした空室対策などについて解説しました。洋室に変える、和室のまま、それぞれメリットがありますが、空室対策には費用対効果を考慮しながら、検討してみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>