不動産の管理会社の仕事内容とは?詳しくご紹介します!

賃貸経営の管理・運用の役割を担っているのが管理会社です。管理会社と言っても仕事内容は多岐に渡ります。また、大手から地域密着型まで様々な特徴があります。ここでは、管理会社の仕事内容を詳しく解説します。

□管理会社の種類とは?
*仲介兼業管理会社
不動産仲介業者が賃貸管理業を兼業しているケースが多いです。不動産仲介業を行うには宅地建物取引士の資格が必要です。中には、管理部門を作るケースや別の管理会社を作る場合もあります。
不動産仲介と賃貸管理を兼業する仲介兼業管理会社は、リスク分散が可能になるでしょう。

*ハウスメーカー系の管理会社・管理部門
ハウスメーカーや建設会社などで、建物の企画や施工までを行っている=管理会社となっているケースです。建築に関する構造や設備のノウハウがあるので、安心して管理を任せることができます。また、大手ハウスメーカーの会社は、子会社に賃貸管理部門を置いていることも多くあります。

*コンサルティング系の管理会社コンサルティング業からマンション管理に参入するケースもあります。

□不動産管理会社の仕事内容
1つ目の仕事内容は、入居者募集です。仲介業務を行っている不動産会社や不動産ポータルサイトに客付け依頼を行います。大家さんは、仲介手数料の他に広告料を支払うケースもあります。
一般的に入居者が退去の意思を管理会社に伝えると、入居者募集が始まります。
2つ目は、内見の対応、賃貸借契約の手続きです。入居希望者から部屋を見たいという問い合わせの後、物件を案内し説明をします。その他、賃貸借契約や更新に関する一連の手続きを行います。
3つ目は、入居者トラブル・苦情の対応です。入居者から報告されたトラブル(水漏れ、設備不良)や、寄せられたクレーム(騒音、ゴミ出し、ペットの問題)の対応を行います。
4つ目は、家賃の回収・督促です。毎月の家賃回収や滞納時の督促を行います。最近では、家賃滞納の督促業務を専門に行う会社が増えています。
5つ目は、退去時の立会いです。大家さんに代わり、退去時の立会いを行います。部屋の状況を確認の上、退去者に原状回復費を請求します。

□まとめ
不動産の管理会社の種類や仕事内容について解説しました。不動産の管理会社には、仲介兼業管理会社、ハウスメーカー系の管理会社など様々な種類があります。管理業務を依頼する場合には、業務範囲や担当者などの詳細も確認しながら比較検討しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>