不動産の管理会社を変える理由について詳しくご紹介します!

賃貸経営に関する業務は多岐にわたるので、管理会社との連携やコミュニケーションが重要となります。しかし、管理会社とのやり取りがうまくいかず、他の会社に変更したいと考えたことはないでしょうか?ここでは、管理会社を変える理由などについて詳しく解説します。

□不動産の管理会社を変える理由
管理会社の担当者とは相性や信頼関係が大切です。しかし、さまざまな理由で管理会社を変更する大家さんもいます。ここでは、その理由について4つご紹介します。

*費用が高い
大家さんは、管理会社に対し毎月の管理手数料を支払っています。他の管理会社と比較して割高である場合、賃貸経営にも影響を及ぼします。経営状態が悪ければ、管理会社の変更を検討するケースもあります。

*担当者の対応が遅い
管理会社の担当者とは、何らかの用件でコミュニケーションを取ることがあります。しかし、対応が遅かったり、なかなか返事がないことが続くと、信頼関係が崩れる原因となります。

*担当者と意見が合わない
賃貸物件の管理に意見が合わない、方向性が違う、担当者との考え方が合わないなど、相性が悪い場合が考えられます。担当者の変更が可能であれば、担当者のみを変更して管理会社とは継続する可能性もあるでしょう。しかし、担当者の変更が難しいのであれば、管理会社ごと変更を検討するケースも出てきます。

*管理が行き届かない
日々の清掃や設備の維持管理が行き届いていない場合は、空室がいつまで経っても改善されません。このようなケースでは、管理会社の変更を検討する必要があります。

□管理会社を変えるメリット
1つ目のメリットは、入居者への対応が改善されることです。入居者同士のトラブルやクレームなどで、すぐに対応することなく退去が多い物件では、管理会社を変更することで苦情対応が改善されることもあります。トラブルやクレームが減ると、安定した賃貸経営が実現できます。
2つ目のメリットは、管理委託費を削減できることです。管理会社をいくつか比較することで、管理委託費を削減できる可能性があります。しかし、極端に安い業者の場合は、最低限の管理業務のみとなっているケースもあるので、価格のみで判断するのは控えましょう。
3つ目のメリットは、管理の質が上がることです。優秀な営業担当がいる管理会社であれば、的確かつスピーディに対応してくれる可能性も高いため、管理の質が上がります。
最後に、入居率アップが期待できる可能性があります。問い合わせに素早く対応する、管理がしっかり行き届いているなど、現在より優れた管理会社であれば、入居率アップも期待できます。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で管理会社を変える理由や管理会社を変更するメリットを解説しました。変更理由は大家さんによって様々ですが、管理会社によって入居率アップや担当者の対応など、改善が期待されます。一度、いまとは違う管理会社も視野に入れてみるといいかもしれません。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>