賃貸経営をされている方必見!空室の期間が長い原因についてご紹介します!

入居者の客付け依頼を行っているにも関わらず、空室の期間が長くなってしまうことがあります。内見者がある程度いる場合でも、なかなか入居までには至らないというケースもあります。ここでは、空室の期間が長い原因について解説します。

□空室期間が長い理由
1つ目の理由は、家賃設定が相場とかけ離れていることがあげられます。家賃を決めるときは、近隣の相場に合わせることが一般的です。立地や設備、間取りなども考慮されますが、競合物件より明らかに高めの設定であれば空室期間が長くなります。
2つ目は、物件の外観が古くなっていることです。賃貸物件の外壁が剥がれていたり、階段が錆びだらけだったりなど、外観から汚れや経年劣化が明らかである場合です。また、空室期間が長く続くと下水からの異臭や虫の死骸なども目立つようになり、ますます空室が長くなる恐れもあります。
3つ目は、部屋の中が汚れていることが考えられます。立地が良くても、内見時に部屋の中が汚れていたり劣化が進んでいたりすると、いつまで経っても入居者が決まらなくなります。
4つ目は、集合ポストや駐輪場が乱れていることです。集合ポストの中に郵便物がたくさん詰まっていたり、ホコリが被っていることもあります。さらに駐輪場では、タバコの吸い殻やゴミが散見していたり、壊れた自転車が放置されていたりすると、住民のマナーが不安要素となり入居につながりにくくなります。
最後は、管理会社の対応が悪いことです。入居者のトラブルや設備不良による修繕依頼、空室対策を怠るなど、迅速に対応しない管理会社のケースです。このような状況では退去率も上がり、空室率も改善しません。

□空室を埋める対策とは?
まずは、ターゲットの見直しをしてみましょう。高齢者や女性の一人暮らしに最適な物件、ペット可の物件など、新たなターゲット層を見つけ、入居者の差別化を図ります。
次に、一時金の減額も効果的です。家賃を下げる以外にも敷金・礼金をゼロにしたり、入居後に一定期間の家賃を無料とするフリーレントをしたりなどの方法があります。フリーレントの目安は、一般的には1~3ヶ月程度となっています。
次に、設備を見直し、付加価値を付けるといいでしょう。オートロックやモニター付きインターホンの導入、宅配ボックスの設置、インターネットの使用料無料など、今までとは違った付加価値を提供するのも1つです。
最後の対策として、必要最低限のコストでリノベーションをする方法があげられます。ファミリー層、女性専用、高齢者専用など、ターゲットのニーズに合わせた部屋作りを目指します。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で空室の期間が長い原因や空室対策について解説しました。空室期間が長い場合は、原因が物件の見た目で明らかなケースも多いです。空室対策には、時代のニーズに合わせ、競合物件との差別化を図ることが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>