賃貸にお住まいの方へ!壁に穴あけをしたい場合どうすれば良い?

賃貸物件に住むと、ポスターやカレンダーを貼るため壁に穴をあける機会が多くあるのではないでしょうか?では、壁の穴に関する修理費用は誰が負担するのでしょうか?場合によっては、何らかの不注意で穴を開けてしまうこともあります。ここでは、壁に穴を開けてしまった場合、どのようにすれば良いかを解説します。

□賃貸物件の壁に穴をあけても良いのか?
壁の穴については穴の大きさによって、修繕費の負担が異なるケースが一般的です。賃貸物件の原状回復については、国土交通省が定めているガイドラインに明記されています。
原状回復とは、借主が賃貸物件を退去する際に入居時の状態に戻すことを指します。賃借人の故意・過失、善管注意義務違反などは、借主が費用を負担します。経年劣化や通常損耗における修繕費は、貸主の費用負担となります。
画びょうやピン等の穴はどうでしょう?
ポスターやカレンダー等を掲示するため、画びょうやピン等を使用した場合の穴に関しては、通常損耗と考えられます。したがって、借主負担とならないケースがほとんどです。
くぎやネジなどの大きな穴はどうでしょうか?部屋の壁に重たいものをかけるためくぎやネジなどを使用して、大きな穴があいている場合は、通常の使用を超えると判断され、入居者の費用負担となることが多いです。くぎやネジのケースでは、下地や壁紙、石こうボードなどにも傷がつくことがあるので、修繕費が高くなります。
ただし、国土交通省が定めているガイドラインは強制力がないため、賃貸借契約書では個別の特約も可能となります。壁の穴については、契約時にしっかり確認しておきましょう。

□壁を傷つけずに物を飾る方法とは?
*マスキングテープと両面テープでアレンジする
マスキングテープと両面テープを使用すれば簡単に壁紙からはがすことができるので、壁に穴をあけることなく使えます。マスキングテープは、単色からキャラクターものまで様々な種類があり、100円ショップでも手に入る便利な商品です。

*穴の目立たない画びょうを使用する
壁にピン跡を残しにくい穴の目立たない画びょうを使用するのも方法のひとつです。指で押すだけで、簡単に取り付けることができるものもあるので便利です。

*ウォールステッカーを使用する
豊富なデザインで部屋の雰囲気を手軽に変えられるアイテム。主にシールタイプと転写タイプの種類があります。壁に穴を開けることなく使用できます。

□まとめ
ここでは、賃貸物件の壁に穴をあけても大丈夫なのかどうか、壁を傷つけずに物を飾る方法などを解説しました。壁に大きな穴をあけてしまうと、退去時に借主が原状回復として修繕費を負担することになるので注意が必要です。部屋のアレンジなどは、壁を傷つけずに飾る方法を試してみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>