賃貸にお住まいの方に向けて!鍵を無くした際の対応方法と知っておくべきことを紹介

マンションやアパートなどの鍵を紛失した経験はないでしょうか?玄関の前で失くしたことに気づくケースもあります。スペアキーも部屋の中にある場合はどうすることもできません。特に一人暮らしの場合は、部屋に入れないままになってしまいます。ここでは、鍵を無くした際の対応方法と知っておくべきことを紹介します。

□鍵を無くした際の対応方法
鍵を紛失したときの対応方法を解説します。

*1日の行動を振り返る
鍵を無くした際は、これまでの行動を思い出すことが大切です。まずは1日の行動を振り返り、どこで鍵を取り出したのか、どのような順番で移動したのかを思い出す必要があります。このときに立ち寄ったお店などがあるかどうかもポイントとなります。立ち寄ったお店がある場合は、忘れ物として預かってくれている可能性もあるので、お店に電話をかけてみましょう。
また、ポケットに鍵が入っていたのか、カバンに入っていたのかなども思い出すようにします。

*管理会社や大家さんに連絡する
賃貸物件の管理会社や大家さんに紛失した旨を報告する必要があります。場所がわかっていて、単に忘れただけの場合は、管理会社がすぐに対応する可能性もあるでしょう。なぜなら、賃貸管理会社は、マスターキーやスペアキーを持っていることが多いためです。
しかし、後日も見つからず完全に紛失扱いになる場合は、料金を支払って鍵の交換を行う必要があるでしょう。

*警察に届ける
もしかすると管轄の警察署に届けられている可能性もあるので連絡してみましょう。また、届いてなくても「遺失届」を提出しておきます。
「遺失届」とは、落し物をしたときに警察署または交番へ届け出ることです。自宅、会社や海外での落とし物は対象外となります。遺失届が受理されると受理番号が発行されます。各都道府県警察ウェブサイトでは、拾得物情報が掲載されています。

□鍵紛失に関して知っておくべきこと
・鍵紛失の費用負担鍵の紛失で、鍵を開ける作業や鍵交換費用は借主負担となります。
・火災保険が利用可能なケース鍵の紛失で鍵を作成することになった場合、保険会社の提携している業者が駆けつけて対応するケースもあります。保険会社によっては、鍵開けサービスの専用ダイヤルを設置しているところがあります。
・オートロック式の鍵を紛失したケース防犯上の観点からシリンダーごと交換することがほとんどで、メーカーや種類によって高額になるケースが多いです。

□まとめ
ここでは、鍵を無くした際の対応方法や鍵紛失に関して知っておくべきことを解説しました。まずは落ち着いて行動範囲を思い出すことや、届け出を忘れないようにすることが大切です。火災保険に鍵トラブルのサービスが付帯されていることもあるので、一度確認してみましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>