賃貸にお住まいでペットを飼いたい方へ!よくあるトラブルと対策を紹介!

近年のペットブームで賃貸物件でもペット飼育を希望する方増えています。ペット可物件も徐々に増えてきていますが、実際はトラブルも多くなっています。また、ペットを飼っていると、退去時に高額の修繕費を請求される可能性もあります。ここでは、ペット可物件のよくあるトラブルや対策を紹介します。

□ペット可の物件でよくあるトラブル
最も多いとされるのが、ペットの騒音トラブルです。鳴き声や動き回る音が近隣に広がると、入居者からの苦情が多くなります。
また、ペットの排泄物からの悪臭も問題となります。自分では気づかないことも多く、近隣からの報告で気づくことも多いです。
共用スペースのトラブルも見られます。廊下、エントランス、駐輪場、駐車場などでペットの毛や排泄物などが散乱すると、入居者に多大なる迷惑がかかり、クレームの原因となります。また、全員がペットを飼っているとは限らないため、ペットが苦手な住人もいる可能性があります。
飼育マナーがなっていないこともトラブルに発展します。散歩する際にリードを付けない、ベランダなどで排泄物の処理をしないなど、ペット飼育のマナー違反が原因となるトラブルです。

□ペットに関するトラブルを未然に防ぐ方法
賃貸物件のペットに関するトラブルは、事前に対策をすることで改善できることもあります。ここでは、ペットのトラブルを未然に防ぐ方法を解説します。
まず、ペットの爪を切っておくことです。ペットの爪をまめに切っておくことで、壁や床を傷つけることが改善されます。
また、防音カーペットを敷く方法もあります。ペットの鳴き声や走り回る騒音では、フローリングの上を直接歩かせない対策が必要です。防音カーペットや消音効果のあるクロスを敷くのが効果的です。さらに、吸音性に優れている木質繊維断熱材の「ウッドファイバー」を使用することで、鳴き声の漏れを防ぐことが期待できます。
つぎに、しつけを見直すことです。散歩やトイレなどのしつけを見直し、場合によってはドッグトレーニングを行うのも方法のひとつです。もしも、散歩中に通行人を咬んでしまった場合は、損害賠償請求される可能性も十分にあります。
消臭アイテムを使用するのも効果的です。脱臭剤や消臭芳香剤、消臭スプレーを使用しながらこまめな換気を行うことで悪臭防止になります。また、排泄物はその都度こまめに処理するなど、常にトイレまわりを清潔に保ちましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸住宅のペット可物件でよくあるトラブルやトラブルを未然に防ぐ方法について解説しました。ペットの問題は、事前に対策をすることで解決するケースもあります。まずは飼い主側のしつけや騒音、臭い対策をしておくことが重要です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>