賃貸の経営で失敗しないために!具体的な対策を解説します!

アパートやマンションなどの賃貸経営は、成功すれば安定した収入を得ることができます。ところが、何らかの事情により退去する人が増えたり、経済状況などで空室が続いたり、家賃を下げざるをえない状況に陥るケースもあります。ここでは、賃貸の経営で失敗しないために具体的な対策を解説します。

□賃貸経営の失敗
よくある失敗のひとつが、知識不足によるものです。賃貸経営は常に満室を維持するのが難しく、空室リスクを考えないといけません。満室を想定して収支計画を行うと、トータルで黒字予想だったはずが実際は赤字だったということもありえます。利回りや空室率などをシミュレーションしながら計画を立てなければなりません。
次に、立地による失敗も見られます。マンションやアパートに適していない場所での賃貸経営は、空室率が高くなります。例えば、最寄駅から遠い場所にある物件、人口が少ない街、賃貸物件が飽和状態の地域などは、需要がなく長期間にわたり空室が続く可能性があります。
他にも、家賃滞納者の対応に追われることもあるでしょう。家賃滞納者が複数いる場合、すぐに退去せずに住み続けられると、家賃収入を得ることができません。その結果、新たな入居者も募集することができない状況となり、賃貸経営を圧迫することになります。
また、管理会社に管理を依頼しようと思ったが、管理会社の選定に失敗したというケースもあります。管理会社の管理業務が行き届かず、入居者が不満を抱えるケースです。トラブルも増え、次々と退去されてしまう場合もあります。
最後は、設備など、想定外の支出を考慮できていなかった失敗です。老朽化を放置したことにより、大規模修繕の費用がかかることもあります。日頃のメンテナンスを怠ると思わぬ出費が発生するので注意が必要です。

□賃貸経営で失敗しないための管理会社の選び方
賃貸経営の管理は、管理会社に業務委託するのが一般的です。しかし、先述したように管理会社選びで失敗すると、安定した収入を得られなくなる可能性もあります。ここでは、管理会社の選び方について解説します。
まず、迅速な対応をしてくれる会社かを確認しましょう。入居者からのクレームやトラブルなどに迅速な対応ができる管理会社であれば、安心して業務を任せることができます。
定期的に物件を訪問していることも判断基準のひとつです。管理会社の担当者が日頃から物件を訪問しているかがポイントです。例えば、定期的に訪問せず、階段照明が切れいるにもかかわらず放置しているような物件は、管理が行き届いていないことになります。
最後に、ホームページなどで豊富な実績があったり、お問い合わせの際に提案力があったりする会社を選ぶようにしましょう。積極的に入居者を募集したり、空室リスクや家賃下落について戦略的にアドバイスをいただける管理会社であれば、信頼関係を築くことができます。

□まとめ
ここでは、賃貸経営の失敗するケースや管理会社の選び方までを解説しました。空室を改善し入居者に長く住んでいただけるためには、賃貸経営の知識や計画、管理会社の選定が重要です。優秀な管理会社を見つけ、安定した賃貸経営を目指しましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>