賃貸経営でお困りのオーナー様必見!空室対策について解説します!

賃貸経営では常に満室が理想ですが、実際にはなかなかうまくいかないこともあります。空室が続く原因はどこにあるのでしょうか?長期間続くとオーナーにとって大きな打撃となります。ここでは、効果的な空室対策について詳しく解説します。

□空室の原因とは?
空室対策をする際は、空室の原因を把握しておくことが重要です。
1つ目の原因は、家賃が高すぎることです。相場より家賃が高いと空室率が高くなります。
しかし、家賃が高いからといって安易に家賃は下げないことをおすすめします。管理会社から家賃の減額を提案され、アドバイスのまますぐに減額をすると後悔するかもしれません。まずは、周辺物件の相場を確認しながら、リサーチした上で家賃の適正価格を導き出す必要があります。安易に家賃を下げると収益の低下が続く結果にもなりえます。家賃の引き下げは、他の原因をつぶしてからでも遅くないでしょう。
2つ目の原因は、供給過多になっていることです。周辺に競合物件が多数あり、差別化ができていないケースです。築年数が古く、設備に経年劣化が目立つ場合は、空室が改善されない可能性があります。また、賃料が相場より高くなると、ますます入居者が集まりにくくなります。
3つ目は、立地が悪いことです。最寄り駅から遠く、立地が悪いケースです。物件のほとんどが立地で決まると言っても過言ではありません。立地をカバーできる条件がない限り、空室の改善が見込まれません。
4つ目は、共有スペースの汚れ、防犯性などに問題があることです。郵便ポストやエントランス部分が汚れている、階段が錆びているなどといった共有スペースの悪印象が空室率を高めます。また、セキュリティ対策を行っていない場合も空室の原因となります。

□具体的な空室対策
*インターネット利用を無料
競合物件との差別化でよくあるのがインターネット利用の無料化です。通常は、インターネット回線を利用するには、プロバイダとの契約が必要となります。無料提供することで入居率アップも期待できます。

*設備の付加価値を高める
TVモニター付きインターフォンの設置、宅配ボックスの設置、家具家電付き物件など、設備に付加価値を加えることで、競合物件との差別化を図れます。

*ペット可物件にする
近年のペットブームで「ペット可物件」の需要は増加傾向にあります。ターゲットを絞った差別化で空室対策として期待できます。

*セキュリティの強化
一人暮らしの女性にとって、セキュリティが強化されている物件は嬉しいポイントです。オートロックやIoT設備の導入(スマートロック)などで、防犯性を高めることができます。

□まとめ
ここでは、オーナー様向けに空室の原因や具体的な空室対策について解説しました。賃貸経営では、いかに空室を減らすかが重要になります。まずは原因を調べ、あらゆるマーケットリサーチを行い、競合物件との差別化を図ることが大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>