賃貸住宅にお住まいの方へ!突っ張り棒の跡がつかないようにするアイデアを紹介!

賃貸物件でも「安くて収納に大活躍」「隙間や狭いスペースで有効活用できる」など、手軽に購入できるのが「突っ張り棒」です。しかし、突っ張り棒は壁の間に固定するためどうしても跡がついてしまい、退去時に修繕費用でトラブルになるケースもあります。ここでは、突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担についてや、跡が残らないようにするアイデアについて解説します。

□突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担

突っ張り棒の跡が残った場合、修繕費用が誰の負担になるのかは気になるところです。ここでは、原状回復の観点からも解説します。
突っ張り棒は棒と壁の間を固定するもので、物を置いていると壁に圧力がかかり、長く住んでいると徐々に傷がついたりします。退去時に原状回復として借主側が費用負担する場合は、故意に(わざと)壁を傷つけたり、不注意で跡が残っていた場合が考えられます。

「原状回復」とは、退去時に部屋を引き渡す際に元の状態に戻すことを指します。国土交通省の「原状回復をめぐるトラブルとガイドライン」によると、経年劣化や通常損耗により発生した修繕費用などは、貸主負担とされています。借主に故意・過失があった場合は、すべての部分を負担するのではなく、残存する価値の部分のみを負担するとされています。
突っ張り棒のへこみ跡に関しては、通常の使用範囲を超えていると判断され借主負担となります。

□突っ張り棒の跡が残らないようにするアイデア

1つ目は、合板を使用するアイデアです。木の板を挟むと跡がつきにくいだけでなく、ズレ落ちることが少なくなります。

2つ目は、壁と棒の間にダンボールを挟むアイデアです。ダンボールを使用すれば、お金をかけずに傷やへこみ対策になります。ただ、見栄えが悪くなってしまう可能性はあります。

3つ目は、衝撃吸収パッドを使う方法です。高粘着ゲル素材を使用して、落下を防ぐものです。家具や家電などにも利用されています。はがしてもべたつかないので便利です。ホームセンターや100円ショップで売られています。

4つ目は、ファンデーションのパフを活用するアイデアです。クッション性があるので、壁と突っ張り棒の間に挟むことで、簡単に落下を防ぐことができます。ファンデーションのパフであれば、見た目もオシャレに設置できます。

□まとめ

ここでは、突っ張り棒の跡が残った場合の修繕費用の負担についてと、跡が残らないようにするアイデアについて解説しました。突っ張り棒を使用する際には、跡が残らない対策を行いましょう。あまり費用もかからないので、積極的に取り入れることをおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>