賃貸に在住の方へ!すぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介します!

賃貸にお住まいの際に気になるのがセキュリティ面です。特に女性の場合は、アパートやマンションで「防犯対策をしっかりとしたい」と思う方が多いでしょう。外出中の空き巣被害も増えているため、対策をしていきたいところです。ここでは、賃貸物件ですぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介します。

□賃貸ですぐできる防犯対策

*施錠の徹底や補助鍵を設置する

まずは施錠を徹底することが大切です。玄関の扉の閉め忘れがないようすぐに施錠する習慣をつけるようにしましょう。また、通常の鍵に加えて補助錠を設置することも効果的です。玄関の補助錠は、外付けタイプや内付けタイプがあります。ただし、賃貸マンションで補助鍵を取り付ける際には、大家さんや管理会社の許可を得なければならないので、事前に確認しておきましょう。

*表札の氏名は控える

玄関の表札に氏名を出しておくと、不審者が現れた際に覚えられる可能性があります。特に一人暮らしの女性はストーカー被害に遭う可能性もあり注意しなければなりません。その他、郵便ポストや自転車にも氏名を記載しないようにしましょう。

*洗濯物やカーテンに注意する

女性が住んでいるとわかる洗濯物はできるだけ避ける必要があります。また、カーテンの色も明らかに女性が選ぶようなものは避けた方がよいでしょう。男性用の洗濯物も一緒に干して、男性も同居していることを示すのもひとつの方法です。

*SNSの写真掲載に注意する

SNSで場所が特定されるような写真を掲載しないように注意しましょう。背景にお店の名前や住所等が記載されている看板が写っているときは、特定されやすくなります。

□賃貸でも使える防犯グッズ

ここでは、賃貸物件でも使える防犯グッズを紹介します。
まず、防犯フィルム・防犯ブザーです。侵入を防ぐたまに防犯フィルムを使用することや窓から侵入された場合に防犯ブザーを利用するなどが効果的です。防犯ブザーは、周囲に緊急性が伝わるので大音量で威嚇することができます。

次に、サムターンカバーです。空き巣の手口としてサムターン回しがありますが、サムターンカバーを設置することで、工具を入れられても簡単にサムターンに届かなくなるので、防犯対策に役立ちます。

次が、ドアスコープカバーです。外から見えないようにドアスコープカバーを取り付けると効果的です。玄関の内側に貼るだけで覗き見対策となります。

最後に、人感センサー付きライトです。人や明るさに反応して自動的に点灯する人感センサー付きライトです。賃貸物件でも使用可能な、電気工事不要のものもあります。

□まとめ

ここでは、賃貸ですぐできる防犯対策やおすすめの防犯グッズを紹介しました。空き巣や不審者の侵入を防ぐためには、周辺環境や物件などに合った防犯対策が必要です。日頃から防犯を意識しながら、賃貸でも使用できる防犯グッズも準備しておきましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>