賃貸にお住まいの方へ!タバコに関するトラブルと対策について解説します!

賃貸物件でタバコに関するトラブルが増えています。商業施設や会社などで禁煙が当たり前のようになり、タバコを吸う場所がどんどんなくなってきています。それに伴いアパートやマンションでは、タバコに関するクレームが目立ちます。ここでは、タバコのトラブルや対策などについて解説します。

□賃貸物件におけるタバコトラブルの事例

*ポイ捨ての迷惑行為

上階からタバコの吸い殻がベランダに落ちてきたり、共用部分の駐輪場に大量の吸い殻がポイ捨てされたりするケースです。これらは、火災にも繋がりかねない危険な迷惑行為でもあります。
さらに、自転車のかごにタバコの箱や吸い殻を入れたり、郵便ポストの上にポイ捨てを行うなどの悪質な行為もあります。
頻繁に捨てられている場合は、すぐに管理会社に報告しましょう。

*汚れについての被害

洗濯物にタバコの灰が付着してしまった、上階からタバコの灰を落とすことで駐車場の車が汚れてしまった場合などです。
被害者が証拠を保全していれば、民事上では不法行為が成立し損害賠償責任を負う可能性もあるので喫煙者は注意が必要です。

*タバコの煙や臭いの被害

タバコの煙や臭いがベランダから入ってきて気分が悪くなったり、マンションなどの共用部分でタバコを吸うケースです。喫煙はマナーの問題でもありますが、場合によっては損害賠償請求をされる可能性があります。
タバコの煙や臭いについても管理会社に報告し、注意喚起の書面を作成してもらいましょう。

□タバコによるヤニ汚れを防ぐ方法

タバコによる部屋のヤニは、退去時に原状回復費用として請求される可能性もあります。ここでは、どのように防ぐかを解説します。
根本的に防ぐためには、室内のタバコは控えるようにしましょう。部屋の中でタバコを吸うと壁や天井が黄ばむ原因となり、ヤニが染み付いてしまいます。室内でタバコを吸わないことが汚さない方法のひとつとなります。
どうしても吸う場合には、換気扇の前や空気清浄機の近くで吸うといった対策を行いましょう。
また、電子タバコに変えてみるのも効果が期待できます。電子タバコに変えることで臭いやヤニの汚れも大幅に防げる可能性があります。

□まとめ

ここでは、タバコのトラブルや対策などについて解説しました。タバコで部屋を汚すと、退去時に多額の費用を請求をされる可能性もあります。改正健康増進法では、住居について「喫煙を行う場合は周囲の状況に配慮」するよう求めています。いずれにしても、集合住宅での喫煙は最低限のマナーを守りましょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>