賃貸に在住の方へ!トイレが故障した場合の対処法と修理負担について紹介します

賃貸物件で突然トイレが故障した経験はないでしょうか?水漏れが発生し、どのように対処していいのかわからず困ってしまうことがあります。場合によっては、下の階に迷惑をかけてしまうこともあります。ここでは、賃貸でトイレが故障した場合にやるべきことや修理費用が自己負担になるケースなどを解説します。

□賃貸でトイレが故障した場合にやるべきこと

*賃貸借契約書を確認する

設備の故障について、どのような費用負担になっているかを契約書で確認します。トイレの故障については、借主の故意・過失がなければ、一般的に貸主が修理費用を負担することが多いです。まずは、賃貸借契約書の記載内容を確認しましょう。

*大家さんや管理会社に連絡する

次に大家さんや管理会社に連絡しましょう。このときに、いつどのような状況で故障に至ったのか、具体的な内容を伝えることが大切です。そのあとは、連絡を受けた大家さんや管理会社が業者の手配を行います。軽微な故障であれば、すぐに修理を行っていただけるケースがほとんどです。
ここで大切なのは、自らの判断で勝手に修理しないことです。緊急を要する場合や深夜にトイレが故障したときなどは、24時間対応を行っている業者の利用を検討しましょう。

□修理費用が自己負担になるケース

トイレの故障は、入居者の使用方法によっては自己負担となるケースがあります。それぞれ解説します。

*トイレの使用方法について

トイレットペーパー以外の固形物を流してしまった、トイレットペーパーを一度に大量使用したなど、借主の過失によって発生した水漏れは自己負担になる可能性が高いです。その他、誤って便座に物を落として割れてしまった場合も借主の不注意となり、修理費用は自己負担となる可能性があります。借主の通常使用する範囲内でトイレの故障が発生すれば、貸主の負担になりますが、それ以外の原因であれば借主が負担することになります。

*大家さんや管理会社を通さずに修理を依頼する

大家さんや管理会社を通さずにトイレの修理を勝手に依頼した場合は、自己負担になるケースがあります。国土交通省のホームページには「賃貸住宅標準契約書」が掲載されています。こちらも確認の上、費用負担に関する気になる点があれば、管理会社等へ問い合わせしてみましょう。

□まとめ

ここでは、賃貸物件でトイレが故障した場合にやるべきことや修理費用が自己負担になるケースなどを紹介しました。まずは賃貸借契約書を確認し、設備の故障の取り決めを確認しましょう。速やかに大家さんや管理会社に連絡することをおすすめします。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>