空室になる原因とは?空室にお悩みのオーナー様必見です!

賃貸経営で悩みの種となる空室対策。
社会情勢や経済動向の影響があるものの、なかなか改善されず悩まれているオーナー様もいらっしゃるのではないでしょうか?
空室の原因は、身近なところにあるのかもしれません。
ここでは、空室になってしまう主な原因や原因別の空室対策を紹介します。
□空室になってしまう主な原因
空室になってしまう原因はどこにあるのでしょうか?
それぞれ解説します。
*入居者募集の集客ができていない
物件情報の写真が細かく掲載されていない、工夫されていない、募集図面が見づらいなどといった場合は、うまく集客できない可能性が高くなります。
*競合物件を調査していない
空室対策では、周辺の競合物件をリサーチすることが必須となります。
しかし、リサーチが不十分であることやほとんどリサーチを行っていないとなると、ライバル物件の強みや弱みがわからないため、空室になってしまう原因となります。
*物件の特徴やアピールポイントが少ない
ターゲットを絞り、独自性のある物件であればアピールポイントが明確になりますが、物件の特徴がなく、設備や外観も古く見えるようであれば空室が改善されない可能性もあります。
*管理業務ができていない
自主管理や管理会社に委託している場合でも、入居者からの修繕、クレーム(トラブル・ご要望含む)の対応が遅いなどで不満が出ているケースです。
トラブルが解決しないことで退去する場合も出てきます。
□原因別の空室対策を紹介
まず、入居者募集の工夫をしましょう。
仲介会社とのコミュニケーションを取る、内見時のスリッパを用意するなど、入居者募集にさまざまな工夫が必要です。
次に、賃料設定を工夫します。
周辺の相場より高く設定された物件が選ばれる可能性は低いと考えられます。
周辺の家賃相場をしっかりリサーチしたり、築年数が古くなるにつれて家賃の値下げを検討するか、リノベーションを行い付加価値を提供するのか、さまざまな要素をふまえて賃料設定を行いましょう。
最後に、建物管理を徹底しましょう。
階段の錆や郵便ポストがぼろぼろなど、共用部の劣化が目立っていれば、内見時から印象が悪くなります。
定期清掃の徹底やこまめに修繕を行うなど、清潔感のある物件をアピールできるようにしましょう。
□まとめ
ここでは、空室になってしまう主な原因や原因別の空室対策を紹介しました。
空室の原因を取り上げ、早急に対策を行うことが大切です。
周辺の競合物件に関する調査や建物管理を徹底しながら、満室に向けて客観的に分析してみましょう。
カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>