賃貸経営で抱えやすい悩みについて詳しくご紹介します!

不動産オーナーとして賃貸経営をスタートしたものの、さまざまな悩みを抱えながら模索している方も多いのではないでしょうか?日々の業務を行いながら悩みを解決するため、いろいろな方向から調べてもなかなか解決できないこともあります。ここでは、不動産オーナーが抱えやすい悩みを詳しく紹介します。

□賃貸経営で抱えやすいお悩み
*空室対策
不動産オーナーが多く悩む空室対策。長く続くと家賃収入を得ることができなくなるので、ローンの返済や維持管理費などの諸費用で賃貸経営を圧迫する可能性もあります。
空室に関する具体的な悩みとして、退去されるとなかなか入居者が決まらず空室が長引く、管理会社に管理を委託しているものの空室が続くといったこともあります。
このように不動産オーナーが多く悩む空室対策ですが、さまざまな原因が考えられます。
1つ目が、賃料設定によるものです。相場より家賃が高めに設定されていたり、周辺の同じような物件と比べ割高になっていることが考えられます。競合物件とのリサーチ不足で空室が続いているケースもあります。
2つ目が、立地条件が悪いことによるものです。駅から離れている物件や周辺にコンビニやスーパーなども少なく利便性の悪い物件です。立地条件は、物件選びで最も優先される項目です。
3つ目が、築年数が古いことによるものです。築年数が古く、部屋の設備が老朽化していることも空室原因となります。

*入居者トラブル
入居者同士のトラブルが放置された状態ですと、次々に退去する可能性もあります。入居者トラブルの原因には、以下のようなものがあります。
1つ目は、騒音トラブルです。上階や隣人の生活騒音に関するトラブルはコロナ禍において増えています。その他、子どもの足音や窓や扉の開閉音、夜に友人たちと騒ぐなどがあります。
2つ目は、ゴミ出しのマナートラブルです。収集日や時間を守らない、分別をしないなど、ゴミ出しのマナー違反は衛生上の問題となり、物件全体のイメージも悪くなります。

□賃貸経営を成功させるためのコツ
まず、リサーチを徹底することです。賃貸物件のサービス向上や付加価値の提供、利便性、居住環境、競合物件との比較など、入居者に満足していただけるためにマーケットリサーチを徹底することが大切です。
そして、営業戦略を考えるようにしましょう。内見時からこの部屋を借りたいと思わせるきめ細やかな対応を行うことで空室対策につながります。ウェルカムボードや工夫されたPOP、清潔なスリッパなど、あまり費用がかからないサービスは積極的に行いましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で抱えやすいお悩みや賃貸経営を成功させるためのコツなどを解説しました。常に借り手の立場を考えながら、リサーチ力や営業力を身に付けていくことが大切です。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>