賃貸オーナー様必見!賃貸管理でリスクを回避する方法を解説します!

不動産の賃貸経営は安定した家賃収入を得られますが、その一方で空室リスクや、家賃滞納リスクなど、さまざまなリスクを伴います。不動産オーナーは、それぞれのリスクにどのように対応すれば良いのでしょうか?ここでは、賃貸経営で失敗してしまう理由や失敗を回避するための方法などを解説します。

□賃貸経営で失敗してしまう主な理由
*自己資金が不足している
賃貸経営を始めるにはすべてを自己資金でまかなうのではなく、金融機関からの融資で調達するケースがほとんどです。しかし、自己資金がほとんどない状態で賃貸経営を行うと、急な修繕費や入居者のトラブルにかかる費用に対応できなくなる可能性があります。
例えば、共用部の修繕費や入居者トラブルによる立ち退き料などです。
さまざまなトラブルを常に想定しながら、ある程度の自己資金を準備しておく必要があります。

*施工業者選びのリスク
アパートやマンションを建てた後に手抜き工事の発覚や施工不良など、施工業者選びによるリスクもあります。例えば、壁が薄く騒音トラブルが起きやすい、悪臭がする、階下に漏水が発生するなど。悪質な業者が建てた物件を選んでしまうと、このようなトラブルも後になって判明するケースも少なくないです。

*立地選びの失敗
賃貸物件の需要がない場所や土地勘のないエリアにマンション等を建てて経営することです。例えば、駅から離れている、周囲に商業施設がない、役所や医療機関が近くにないなど。立地選びを間違うと、空室リスクが高くなります。

*管理業務を怠る
賃貸物件の管理は、一般的に管理会社に手数料を支払って管理委託しますが、コスト削減のため自主管理するオーナーさんもいらっしゃいます。しかし、管理業務は清掃、修繕、クレーム(トラブル・ご要望含む)など多岐にわたるので、どうしても管理をおろそかにしてしまうことがあります。

□失敗を回避するための方法
1つ目は、空室対策をしっかり行うことです。入居者に長く住んでいただけるように、敷金・礼金、仲介手数料などの初期費用の見直し、家賃や更新料の見直し、ペット可の検討など、常に時代のニーズに合った対応が求められます。
2つ目は、老朽化による修繕対策を行うことです。築年数が古い物件を放置していると、空室リスクにもつながります。古くなっている設備はすぐに改善し、リノベーションやリフォームなども検討するのもひとつです。
3つ目は、入居者のクレーム(トラブル・ご要望含む)対応を行うことです。入居者同士のクレームは、すぐに対応することが大切です。管理会社がクレームに対応しない場合は、管理会社の変更を検討しましょう。

□まとめ
ここでは、賃貸経営で失敗してしまう理由や失敗を回避するための方法などを解説しました。賃貸経営は、さまざまなリスクを想定した上で柔軟な対応が求められます。常に入居者の立場で考えることが大切です。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>