賃貸管理で必要な知識とは?知っておきたいことをご紹介します!

賃貸物件のオーナーとして成功している人もいれば、うまくいかず悩まれている方もいます。賃貸管理で必要な専門知識は幅広くあり、管理会社に委託する場合でも「どのように管理を任せるべきか」などと悩まれる方も多いと思います。ここでは、賃貸管理の現状と管理会社の種類や賃貸管理の主な業務を解説します。

□賃貸管理の現状と管理会社の種類
不動産管理業を行う不動産管理会社は、3万2000社を超えています。(出典:2015年国土交通省「賃貸住宅管理業者数の推計」)また、オーナーの9割が管理会社に委託しているというのが現状です。(出典:国土交通省「民間賃貸住宅に関する市場環境実態調査(2010年))

*管理会社の種類
まず、賃貸仲介系管理会社です。仲介業務を中心に行っていた会社が管理業務も行っているケースです。仲介・管理を1社で行うので、オーナーの手間を省くことができます。
管理業務で物件の各設備を熟知しているので、内見時には入居希望者へスムーズな対応が可能になります。
次に、売買仲介系管理会社です。売買の仲介業務を中心に行っている会社が、合わせて管理業務も行っているケースです。
最後が、ハウスメーカー系管理会社です。ハウスメーカーの子会社やグループ会社の管理業務を行っている形態です。賃貸物件の建築と管理業務をセットで受注できることがほとんどです。

□賃貸管理の主な業務
賃貸の管理業務は多岐にわたりますが、どのような業務があるのでしょうか?それぞれ解説します。
・入居者募集
物件の資料作成や広告掲載、ホームページや不動産ポータルサイトで物件情報の掲載などを行います。
・賃貸契約の手続き
入居時の賃貸借契約に関する手続きを行います。保証会社を利用する際には、契約前に審査を行うケースが多いです。
・家賃集金や督促業務毎月の家賃回収業務や滞納している入居者に対して督促も行います。
・入居者のクレーム対応
入居者同士のトラブルに関して対応する業務です。具体的には、生活騒音やペットの問題、ゴミ出しのマナーなどです。
・修繕の手配・退去時の立会い
各部屋の修繕が必要となった場合の業者手配、退去時の立ち合い、敷金の清算などを行います。

□まとめ
ここでは、賃貸管理の現状と管理会社の種類や賃貸管理の主な業務を解説いたしました。管理業務をスムーズに行うためには、管理会社選びがとても重要となります。信頼と実績のある業者に依頼することを検討しましょう。

 

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>