賃貸経営ではターゲットを考えることが重要?その理由を解説します!

不動産経営を行うには、その地域、年齢層、ニーズに合った入居者のターゲットを考えることが重要になります。したがって、ただ単に家賃を下げるのみでは空室対策につながりません。なぜターゲットを決めることが大切なのでしょうか?ここでは、その重要性や間取り別のターゲット例を紹介します。

□ターゲットを考えることの重要性
ここでは、賃貸経営に必要なターゲットを明確にする理由をそれぞれ解説します。

*物件を決めやすくなる
ターゲットを絞ることで、物件を探してる側は目的が決まっている場合に見つけやすくなるためです。例えば、単身赴任などで一人暮らしをする男性、女子大学生が借りるワンルーム、子育て中心のファミリー層、ペット共生など、ターゲットを明確にすることが大切です。

*空室対策になる
ターゲットを明確にすることは、空室対策にもつながります。周辺を徹底的にリサーチし、ニーズに合った形でお部屋を提供することが重要になります。

*ある程度の需要が見込めるターゲットを絞る
ターゲット層をマニアックなものに絞りすぎると、逆に需要がない可能性もあります。なぜなら、現在のコロナ禍で外国人向け賃貸物件を経営したとしてもうまくいくはずがないからです。世の中の経済情勢や変化などを常に把握しながら、どのような物件に需要があるのかをしっかり考えることが大切です。

□間取り別のターゲット例
賃貸経営では、どのような間取りであるかによって需要も変わってきます。ここでは、間取り別のターゲット例について解説します。

*単身世帯向け
単身世帯向けでは、1R(ワンルーム)、1K(ワンケー)、1DK(ワンディーケー)があります。
部屋がひとつだけだと1R(ワンルーム)です。キッチンと居室の間に仕切りないタイプの部屋です。バスとトイレが別になっている物件が人気です。
続いて、キッチンと居室の間に扉があり、仕切られている部屋が1K(ワンケー)です。匂いが部屋に充満しないので、一人暮らしの中でも人気の間取りです。
最後は、キッチンと居室が仕切られていて、ダイニングキッチンを設けている間取りが1DK(ワンディーケー)となります。一人暮らしでは、十分広く使えるため人気です。

*子育て世帯の間取り
子育て世帯なら2LDK・3LDKが適しています。どちらも子ども部屋として使える1室を確保することができるでしょう。

□まとめ
ここでは、ターゲットを決める重要性や間取り別のターゲット例を紹介しました。賃貸経営では、さまざまなニーズに合った物件を提供することで、空室対策や適切な物件の選定につながるでしょう。

 

カテゴリー: 未分類   パーマリンク

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>